« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

塗装済みの擁壁を置いてみる

 某模型店で、塗装済みの擁壁を購入してみました。当レイアウトに似合うかどうか判りませんが、とりあえず置いてみました。

Img_0041

うーん、西武線の電車を走らせたので、何となく西武秩父線を想像させてくれる絵面になってしまいました。製品は直線形状なので、カーブにあわせる形で曲げています。製品の底版部分にニッパーで切り込みを入れて、折れないように内側にじっくりと曲げます。これを両面テープでペタリとベースに貼るだけ。どなたでもできる簡単な作業でした。写真のようにとりあえず、2つ並べてみました。この先は擁壁のベースを嵩上げしてあげないと地形的におかしくなってしまうので、今回は手をつけていません。
この製品は塗装されていないものも売っていますので、この色が気に入らない方は自分で塗るほうが良いでしょう。また、擁壁の上の手摺が不要であれば、切断して使用することも可能ですね。そう考えると、結構色々な使い方ができる製品だと思います。

 それにしても、なかなか建設工事が進みません。仕事が忙しいから仕方ないですけどね。更に悪いことに、数日前から花粉症が始まりました。ついに今年もやってきましたね。昨年は大したことなく済んだんですが、今年は昨年よりも花粉が多いとか。私、医者も気の毒がるほどの重度の花粉症なんで、これになるともう何もする気が起きなくなります。当然集中力もゼロ。でも、外出する機会が極端に減るので、家に引きこもってレイアウト建設ができるかも知れませんね。

ブログ村に参加しています!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

読書の冬。 【駅物語】を読んでいます。

 今回は鉄道模型の話題からちょっと外れます。興味のない方は読み飛ばしてください。

 私は今、片道1時間50分ほどかけて毎日電車通勤しております。朝6時に家を出て、仕事場に着くのは7時45分過ぎ。その間、乗り換え3回。結構つらいです。が、考えようによっては電車・バスに乗っているフリーな時間がかなりあります。最近まではIPodでジャズを聴いて通勤していたんですが、これもちょっと飽きてきました。そこで今はまっているのが読書。もともと、本を読むのが好きだったんですが、最近遠ざかっていました。文庫本なら500円ぐらいの投資で数日暇つぶしができることを考えるととてもお得な気分になります。

 そんな私が今読んでいる本が【駅物語】。朱野帰子さんが書かれた本です。ネタバラシのようなことはしたくないので、内容については多くは書けませんが、東京駅を舞台にした新人駅員さんの物語です。素人が知らないようなマニア受けするようなことも結構細かく書かれていまして、鉄道ファンならあっという間に読みきってしまう内容かも知れません。私もまだ、3割程度しか読んでいませんが、本があることで通勤時間が楽しみになりました。今では、読書にのめり込みすぎて、乗り越さないように注意する毎日が続いています。
 私のように、都会に働きに出ているものの、結構世間から浮いた存在のような人間は、結構人との関わりを増やすのって難しいんです。だから何となく、人間味溢れるような話を求めてしまうのかも知れません。どこにでもありそうな話なんだけど、ドラマ化されないかな?とひそかに願っているのですが、それはやっぱり無理かな。

 最近は電車の中で本や新聞を読む人が、めっきり減りました。みんなスマホいじってますね。私には、なにが楽しいのかわかりませんが・・・。本と比べて目が疲れるし、充電するの結構面倒だし。スマホで本や新聞を読んでいる人もいますけど、画面が小さすぎで私は気持ち悪くなります。いい歳したオッサンが、ニヤニヤしながらゲームやってたりして、見ていて気持ち悪いです。私、こんな人達を電車やバスの中で見ていて思うんですよ、【他にやることないの?】って。【電車のなかでスマホしかやることないなんて、哀れな奴らだな】って。電話が嫌いだから余計にそう思ってしまうのかも知れません。ちなみに、私の個人のガラケーはもう2ヶ月も電池が切れた状態。でも困ることは特にありません。まわりの人間は、私が大の電話嫌いと知っていますから、普段掛けてくる人なんてほとんど居ませんから。
 
 やはり、本には本の良さがあるのでしょうね。デジタルなものだけ大事にするのではなく、本のようなアナログのものだって、もっと大事にしたいと思う今日この頃でした。

 追伸)今日も忙しくて仕事場で寝袋生活です・・・。早く布団で寝れる人間になりたいです・・・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

ひとりで動くカニ

 非鉄の方には、【かに:蟹】がひとりで動くの当たり前だろ!と怒られそうですが、今回は生き物の【かに】を話題にするわけではなく、電源車のほうの【カニ】です。

 北斗星フル編成+機関車単機で内周線の勾配が登りきれず涙を呑んだのは過去のブログの通りです。登ったとしても、ギリギリいっぱいでは話にもなりませんし、いつかゴムタイヤが擦り切れます。そんなことを考えてトミックスではモーター付き電源車を発売しております。車輪の転がりを良くすることを考えるほうが利口な気がしますが、これがトミックスとしての回答なんです。売ってはいるものの、なかなか手に入らないんです。探しまくって、やっとジョーシンさんの通販で新品を見つけたので買ってみました!コレさえあれば、ED79のような軽量級の機関車でも当レイアウトの勾配も楽勝で登り切れるはずなんですがどんなもんでしょ?というのが今回のネタです。

Img_0054


 
 購入した製品はカニ24-0番台(写真の上の車両)。対して北斗星用は500番台なのです(写真の下の車両)。何に差があるのかわかりませんが、形状やサイズは一緒のように見えます。違うのは帯の色が金が銀か。そして分解してわかったのですが、窓ガラス用のパーツが0番台用と500番台用で違います。動力ユニットを引っ掛けるところがあるかないかの違いみたいです。
 せっかく買った車両ですから、両方とも車体を活かしたいですね。0番台に金帯を貼れば500番台として使えるんじゃないの?と考えられますね。側面の大きなJRマークはインレタで付属していますし、車両ナンバーも付属のインレタで何とかなりそうです。残念なのがテールマークです。北斗星用は付属していません。でもよく考えてみると、この0番台車は編成全体の安定性を考えた場合、機関車の次位に連結するのが無難せすし、メーカーも推奨しています。ということは、テールマークを掲出する必要性がない・・・。運転方向はカニが前になる方向(本州内の下り列車や津軽海峡線の上り列車)に限られてしまいますが、まともに走ることを優先したら仕方ないのです。
 今日は試運転までやってみます。このままでは他の車両と連結できないので、カプラーを交換。車掌室側はトミックスのカプラーに、反対側はカトーのカプラーに交換します。

Img_0055

 準備が整ったところで、線路に乗せて編成を仕立てて出発進行!このカニには速度調整装置が付いていまして、初期設定はMAXになっていました。一番速い状態でしたが、特に調整せずにED79といい感じで走行しました。両者は加減速の特性が違いますので、低速・中速・高速とそれぞれで実際には速度の差が生じてしまうのですが問題ない程度でした。要は自分がどんな速さで走らせたいのかが重要であり、その速さの時にお互いが同調すればよいのです。

Img_0059

 上の写真のようにフル編成で内周線を登ります。機関車だけですと、写真の位置で確実に停止していたんですが、ブースターとなるカニのおかげで登り切ります。メデタシメデタシ。でも、何となく辛そうな登り方なんです。そこで、ダメもとでおきて破りの方法を試してみます。そう、最後尾にカニを持っていく方法。プッシュプル運転ですね。モーター車同士の相性が悪い場合には中間車が脱線するという危険な方法なんですがやってみました・・・。
 すると、なんということでしょう。最後尾にカニがいたほうが気持ちよく登っていくではありませんか!嘘ではなくホントの話です。常識が必ずしも正しいとは限らないということを思い知らされました。ちなみに、当鉄道での内周線は、上の写真の向きに走る方が勾配が若干きついらしく、反対方向に走ると比較的楽に登ります。同じ3%勾配で作っているはずなんですが、ほんの少しの差でそのようになってしまうのでしょうね。
 なんとか走行のめどがついた北斗星。実車の定期運転終了までにテールマークと金帯をなんとかしたいものです。

ブログ村に参加しております。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

新1番線はどうなるのか?

PECOのフレキ線路を買ってきたので、新しい1番線のイメージを考えてみました。
Img_0034
広すぎてどうにもならなかった1・2番線の間隔を是正することになります。また、2・3番線のホームからトミックスの跨線橋を設置するので、複線間隔は37㎜程度にならざるを得ません。1番線のホームを少し2番線側に寄せ、跨線橋の登リ口をホームの対向ホームの外側にずらせば、複線間隔をもっと詰めて実感的にすることができるので、もうちょっと検討の余地がありそうです。
前から気になっていたんですが、1番線は行き止まり式なので、車止めの先に空白地帯があるんです。ただの空き地にしておくのはもったいないし、資材置き場にするのも何となく芸がないような気がします。もうちょっと線路を延ばしてギャップで区切って機関車の留置線にするのもいいかなと思うわけです。サイズが合えば小さめの機関庫を設置できるかも知れません。一応SL列車も走る鉄道ですから、それなりの点検整備を行う施設があっても良いのかもしれません。それがダメなら、GMあたりから発売されている点検台だけでも置いてみたいものです。そしてその周りには鉄道ファン見学用の施設があったり・・・。うーん、またひとりで妄想の世界に入ってしまう私なのでした。
ちなみに今日は仕事場に寝袋で泊まりです・・・。早くまともな生活がしたいです・・・。

ブログ村に参加しています!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村ログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

花畑に関する妄想を膨らませる

 最近、ポイント交換工事に時間を取られて、その他のレイアウト製作が全くと言ってよいほどに進んでいない状態でした。正直、線路いじりにちょっと飽きてしまいました。
 そこで気分転換を兼ねて、花畑について妄想を膨らませて、計画らしきものを立ててみました。
 妄想を膨らませるにしても、現状はガラクタ山でしかなかった花畑予定地をまずは清掃。
Img_0042
 ガラクタを片付けて、久々に地肌が見えた!

 手前の方から奥に向かってなだらかな丘陵地帯を表現する予定です。モデルとするのは美瑛・富良野あたりのラベンダー畑です。でもね、このままだとイメージが全然わかないんです。山奥の段々畑にしか見えないですよね。どこに道路があって、花畑はどんな並びで、展望台はどこなのって、まったくそんなイメージが湧かない・・・。



 そこで、そんな時は・・・

Img_0046
 計画を描いちゃえばいいんです!

 
 こうすると、嫌でもどんな形になるかわかるんです。ちなみに、道路の幅は1〜2㎝なので換算すると1.5〜3m幅となります。花畑の中の遊歩道としては無難な線でしょう。計画をするにあたって、まず最初に方角を確定させます。これをやらないと、後になって色々と不自然な事象が発生してきます。このレイアウトでは写真の奥の方が真北になります。緩やかな南向き斜面を切り開いて観光用花畑にしたという設定です。

 花畑の区割りも、なんとなくですが線を入れて描くとそれらしく見えてきます。花畑の他に設定したものは、事務所・ビニールハウスの温室・展望台・記念写真撮影広場・森です。これらの施設を設定するにあたっては、実際に訪れたことがあるファーム富田等の施設を参考にしました。狭いスペースの中でも花畑を主役にしたいので、取り入れることができる施設の数・規模にはかなりの制約がありますが、必要最小限ということで対処できればよいと思います。まあ、雰囲気重視ということで。

 奥の小高い部分は森にします。背後を走る列車の姿が少しでも見えなくなるようにしてヘアピンカーブの不自然さを解消するのが狙いです。

 2枚の写真を見比べるとわかりますが、2枚目の写真は少しだけ、地形の整形を開始しています。よく切れるカッターナイフで少しずつ地面の形を整えていきます。この整形は粗整形です。美瑛の丘のようなうねりをカッター1本で再現するのは至難の業であり、私には到底できそうにありません。紙粘土による造成も組み合わせながらの施工になりますので、粗整形は気楽に出来ます。失敗してもいくらでもやり直しができますからね。

 まだまだ始めたばかりの花畑の造成工事。美瑛の丘の花畑のように綺麗に花を咲かせることができるのか?7月初旬の満開の時期に工事が間に合うのか?あとはどれだけ製作時間が確保できるかだけなんでけど・・・。


おまけの写真

Img_0036

 昭和50〜60年代の所沢駅のイメージかな・・・。当時は奥に映るような古ぼけた跨線橋もありましたよね。


ブログ村に参加しています!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

目出たい話ばかりではないJRのダイヤ改正

 3月1514日と言えば、ダイヤ改正ですね(日付間違えてたんで、訂正しました)。昨日は前売り券の発売開始日。北斗星やトワイライトは秒殺だったとか。多分、前日の3月1413日には、廃止される夜行列車等が目当てのアホな撮り鉄さん達の怒号が各地で飛び交っていることでしょう。静かに送り出してやること、出来ないんですかね・・・。それが本当の鉄道ファンだと思うんですけどね。ちなみに北斗星って夏までは臨時で走る機会があるんですよね。だからまだこんなに大騒ぎしなくてもよいと思うのは私だけなのかな?

 それはさて置きまして、世間では北陸新幹線開通!や上野・東京間直通!なんて浮かれた話が結構出ています。確かに便利になるところがあるのですが、今回は結構不便な目に遭う人が出るそうですね。
 東京近郊に向かう路線や、郊外ばかり走る路線では結構な確率で運転本数の削減が行われてしまいます。新聞記事によれば具体的には川越・五日市線の日中の本数が30分間隔になるのだとか。川越線って、電化当初は川越以遠が30分間隔での運転でした。その時代に戻ってしまうのですね。どんどん過疎化が進むことでしょう。青梅線は異様に本数が多すぎると感じていましたし、中央線直通列車は10両編成とロクに客も居ないのに大盤振る舞いな現状がやっと是正されます。五日市線は拝島から先の区間ですからね、一応都内とは言え、客が少ないから仕方ないですね。1本乗り遅れたら30分待ちでは、もう隣の町まで買い物へなんて気楽な気持ちで使えるとは思えません。残念ですが、郊外では鉄道離れが加速することでしょう。

 その他にも房総特急は軒並み減便・廃止だとか。実際に館山の近くで生活をしたことがありますが、海水浴の時だけ走ってくれれば私としてはまったく必要性を感じないノロマな列車達でしたから廃止になっても当然かと思う次第。スピードを捨てた観光列車として残したとしても、イマイチの路線景観では打つ手がありませんね。
 その他の路線でも減便・廃止の嵐が吹きまくりますよ。

 そんな中で結局今回得するのは、一部の選ばれし路線の選ばれし人達だけなんです。早い話が、利用客が多くて安定した収入が見込める路線だけです。あとは切り捨て・・・。それだけJRとしても余裕がなくなってきたのでしょうし、人口が減るわけですから仕方ない面もあります。

 歳をとって、クルマも運転できない、路線バスも走っていない、電車はいつまで待っても来ない、タクシーなんて随分昔に廃業、宅急便も運転手不足で配達できるのは2~3日に1回だけ・・・。こんな現実が東京近郊の町には迫っているんです。私の住む狭山市だって着実に人口減が進んでいます。先月は90人近く減少しました。年間1000人近い減少を続けたら、20年後には2万人も減ることに・・・。沿線人口が減れば西武新宿線だってこのままだと、レッドアロー廃止、埼玉県内の運転本数半減(10分間隔→20分間隔)、車両数の削減(10・8両→6・4両)、運賃値上げ、不採算区間の廃止、となることが十分予測できます。当然まわりを走る路線バスだって廃止に追い込まれる路線が大半でしょう。

 では選ばれし路線である東海道・高崎・東北・常磐線の利用者はどうなるのか?上野・東京直通運転開始は確かに目出たい話ですが、直通になると夕方帰宅する際に今まで座れていたはずの電車に座れなくなる可能性があります。始発駅が始発駅では無くなってしまうからです。田園都市線のようにほぼ全列車地下鉄直通というのを考えてもらえるとわかりやすいですね。長距離を延々と立ったまま通勤する人が増えそうです。そんな中でも座れるのがグリーン車ですが、JRの場合金を払っても必ずしも座れるものではないですよね、アレって。装考えると、直通になることが必ずしも便利になるとは限りませんね。

 なにやら暗い話ばかりになってしまいました。鉄道が存続するかというよりも、人口減の世の中で人の暮らしそのものが成り立つか考えたほうがよい時代なのかも知れませんね。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

西武101系の話題

西武ファン以外の方にはまったく興味の湧かない話かもしれませんが・・・。

カトーさんから、西武101系の集約分散型クーラー搭載車が発売されるようです。
西武ファンとしては嬉しい限りです。まさかこんなマイナーな車両が完成品で発売になる日が来るとは・・・。最近、魅力を感じるモデルがなかったのですが、久々に予約を入れてしまいました。

実車は冷房装置搭載開始時期に集中型クーラーとの比較のために作られた車両。確か4編成しかなかったと思います。小田急みたいな分散型のクーラーを頭に乗せているので特徴があります。ただし、パンタ付きの車両のみは集中型のクーラーでした。
子供の頃に乗った記憶がありまして、確か天井に扇風機が付いていたのではないかと思います。国鉄103系の天井みたいな感じとでも言いましょうか。
試験結果から結局集中型に軍配が上がりまして、以降の西武では全て集中型を採用しておるのはご存知の通りです。

101系もここまでバリエーションが出ると、残っているのは登場時の非冷房車と初期型タイプかつ冷房車+箱型ベンチレーター車ぐらいではないでしょうか?もっとマイナーな車両があるのかも知れませんが、私には覚えがありません。でもこの2種、今のカトーさんなら発売しそうな気がします。特に登場時の非冷房車は。

ちょっとお話が変わりまして、先日記事にした113系格安入手法ですが、早くも品切れになった模様です。私が頼んだ10日ほど前にはまだ募集していたんですが・・・。何しろ、2000円ですからね、普通にこの値段で売っていたら売り場で瞬殺になるでしょうからね。KATOさん、是非次は別の車種を期待しております。

ブログ村に参加しております。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

1番線の改修工事

完成もしていないレイアウトですが、改修工事を進めています。

前から気になっていた1番線。広すぎる線路間隔と入口の急カーブ。これらをポイント交換に絡めてなんとかしてしまおう、という考えです。

まずは、1番線の撤去から。これがなかなか取れない!結局力でねじ伏せまして、再利用しようと思っていた線路は、滅茶苦茶な状態になってしましました。

Dsc03890_2

上の写真のような状態になるまでに、結構な時間が経過しています。

最後に残っていた1番線入口のカーブポイントを仮設置しました。

Dsc03893_2

そこそこいい感じにつながっているんじゃないかと思います。2番線への接続が若干カックンカーブ気味ですが、これが列車走行時にどうなるか試運転で確認しました。

Dsc03892_2

別に問題はなさそう・・・。走行音にも異音は聞こえませんし、ギクシャクとした車体の動きも見られません。カーブにかかる部分のプラットホームをうまく調整すれば綺麗におさまりそうです。このまま1番線の配線も、と行きたいところですが、今日はここで時間切れになりました。

ブログ村に参加しております!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

KATOの113系スカ色を格安で手に入れる裏技

 前回のブログでチラッと写っていた113系2000番台車。おととい届いたばかりなんですが、新品にも関わらずこれが超格安なんです!

Dsc03869
113系4両セットにS186が4本付いて定価は9072円ですが・・・

 実際のところいくらかといえば、約2000円!訳有り品ではありません、新車ですよ!しかもディスプレイ用の線路が4本も付いている!なんと工場直送なんです!

 さて、ここからは種明かしということで。【ふるさと納税】ってご存知でしょうか?実はKATOさんの工場って埼玉県鶴ヶ島市にあるんです。私、このたび鶴ヶ島市にふるさと納税を行いました。金額は1万円でしかもカード払い。納税もクレジットカードで出来ちゃうんですね。カードのポイントもたまっちゃうんですね。
 この納税の御礼に景品を選べるシステムになっておりまして、その中のひとつが113系なんです。他にも特産物が色々ありましたね。でも1万円払って赤字なんじゃない?という声が聞こえそうですが、確定申告でなんと約8000円が返ってくる仕組みになっています。だから差し引き2000円の投資で113系が手に入るという仕組みです。しかも送料込みだし、間違いなくどこの通販よりも安いでしょうね。

 嘘みたいな話ですが、信じるか信じないかはあなた次第です。景品目当ての納税(正しくは寄付)ってちょっと気が引ける感じもしますが、ガメツク生きたい彼方には絶対お勧めですよ! 

 ちなみにこの113系、設計は古い製品ですが非常によく走ります。フライホイールなんてあってもなくても関係ない!基本設計が良ければちゃんと走る、という見本のような製品です。が、造形に関してはさすがに古さを隠すことができません。特に屋根上の表現の甘さはKATO製品の弱点をもろに表わしていると言わざるを得ません。一体成型のベンチレーターは何とかしてもらいたいところですが、この値段ではどうにもならないものなんででしょうかね。しかもステッカー類の付属は一切なし。行先不明の臨時列車しか表現できません。せめて、普通とか千葉方面の代表的な行先表示ぐらいは付けて欲しかったです。でも格安購入だから許せるけど・・・。

ブログ村に参加しております!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

ポイント配線工事を続けています

日曜だというのに雨・・・。気が滅入ります。
体を動かしたかったのですが、冷たい雨に打たれるのは嫌なので、不健康に引きこもって内職です。やっとまとまった時間が取れましたので、駅の左側に位置する4つのポイントのうち3つについて配線工事を行いました。

Dsc03871

白いプラ板でマシンを隠しまして、その下には配線工事が済んだマシンが埋設されております。残る1個のポイントは、駅構内の配線変更が絡むためまだ着手していませんが、近いうちには着工できるでしょう。

ちなみにコントロールボックスはどうなっているかというと、

Dsc03870

あっさりとした配線になりました!コンデンサーをベース側に付けたおかげでこんなにシンプルになりました。上のほうに1個だけ残っているコンデンサーもいずれ撤去となります。

ポイント配線工事も6か所目となると、1個にかける時間も相当短くなります。電気ど素人の私でも上達したと感じるぐらいですから、心得のある方ならなおさらでしょう。なにより嬉しいのは、最近は半田付けに対する苦手意識がかなりなくなったこと。子供のころやけどして以来、嫌で仕方なかったのですが完全に意識が変わりました。今後もいろいろな電子工作に挑戦してみたいと思えるほどです。

6個のポイントが動くようになって、試運転をしてみました。いずれのポイントも絶好調で動いてくれます。トミックスのように動いたんだか動いていないんだかわからないような切り替わり方は一切なし!バチンッ!という音を煩いと感じるか、確実な転轍の証拠と感じるかはユーザー次第でしょうね。

残るポイントは唯一のカーブポイント。こいつの付け方次第で、1番線への進入経路が自然な感じになるかならないかが決まってしまいますので、結構重要だったりします。たかが線路1本の向きで印象が大きく変わってしまいますからね、鉄道模型は奥が深いですね。

ブログ村に参加しております!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »