« 新1番線はどうなるのか? | トップページ | 読書の冬。 【駅物語】を読んでいます。 »

2015年2月22日 (日)

ひとりで動くカニ

 非鉄の方には、【かに:蟹】がひとりで動くの当たり前だろ!と怒られそうですが、今回は生き物の【かに】を話題にするわけではなく、電源車のほうの【カニ】です。

 北斗星フル編成+機関車単機で内周線の勾配が登りきれず涙を呑んだのは過去のブログの通りです。登ったとしても、ギリギリいっぱいでは話にもなりませんし、いつかゴムタイヤが擦り切れます。そんなことを考えてトミックスではモーター付き電源車を発売しております。車輪の転がりを良くすることを考えるほうが利口な気がしますが、これがトミックスとしての回答なんです。売ってはいるものの、なかなか手に入らないんです。探しまくって、やっとジョーシンさんの通販で新品を見つけたので買ってみました!コレさえあれば、ED79のような軽量級の機関車でも当レイアウトの勾配も楽勝で登り切れるはずなんですがどんなもんでしょ?というのが今回のネタです。

Img_0054


 
 購入した製品はカニ24-0番台(写真の上の車両)。対して北斗星用は500番台なのです(写真の下の車両)。何に差があるのかわかりませんが、形状やサイズは一緒のように見えます。違うのは帯の色が金が銀か。そして分解してわかったのですが、窓ガラス用のパーツが0番台用と500番台用で違います。動力ユニットを引っ掛けるところがあるかないかの違いみたいです。
 せっかく買った車両ですから、両方とも車体を活かしたいですね。0番台に金帯を貼れば500番台として使えるんじゃないの?と考えられますね。側面の大きなJRマークはインレタで付属していますし、車両ナンバーも付属のインレタで何とかなりそうです。残念なのがテールマークです。北斗星用は付属していません。でもよく考えてみると、この0番台車は編成全体の安定性を考えた場合、機関車の次位に連結するのが無難せすし、メーカーも推奨しています。ということは、テールマークを掲出する必要性がない・・・。運転方向はカニが前になる方向(本州内の下り列車や津軽海峡線の上り列車)に限られてしまいますが、まともに走ることを優先したら仕方ないのです。
 今日は試運転までやってみます。このままでは他の車両と連結できないので、カプラーを交換。車掌室側はトミックスのカプラーに、反対側はカトーのカプラーに交換します。

Img_0055

 準備が整ったところで、線路に乗せて編成を仕立てて出発進行!このカニには速度調整装置が付いていまして、初期設定はMAXになっていました。一番速い状態でしたが、特に調整せずにED79といい感じで走行しました。両者は加減速の特性が違いますので、低速・中速・高速とそれぞれで実際には速度の差が生じてしまうのですが問題ない程度でした。要は自分がどんな速さで走らせたいのかが重要であり、その速さの時にお互いが同調すればよいのです。

Img_0059

 上の写真のようにフル編成で内周線を登ります。機関車だけですと、写真の位置で確実に停止していたんですが、ブースターとなるカニのおかげで登り切ります。メデタシメデタシ。でも、何となく辛そうな登り方なんです。そこで、ダメもとでおきて破りの方法を試してみます。そう、最後尾にカニを持っていく方法。プッシュプル運転ですね。モーター車同士の相性が悪い場合には中間車が脱線するという危険な方法なんですがやってみました・・・。
 すると、なんということでしょう。最後尾にカニがいたほうが気持ちよく登っていくではありませんか!嘘ではなくホントの話です。常識が必ずしも正しいとは限らないということを思い知らされました。ちなみに、当鉄道での内周線は、上の写真の向きに走る方が勾配が若干きついらしく、反対方向に走ると比較的楽に登ります。同じ3%勾配で作っているはずなんですが、ほんの少しの差でそのようになってしまうのでしょうね。
 なんとか走行のめどがついた北斗星。実車の定期運転終了までにテールマークと金帯をなんとかしたいものです。

ブログ村に参加しております。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| |

« 新1番線はどうなるのか? | トップページ | 読書の冬。 【駅物語】を読んでいます。 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

たつぼーさま
カニって、単体で走らせてはダメなんですか。説明書、詳しく読んでいなかったです。幸い試運転以外のときは、自分は機関車と一緒に走らせていたので良かったです。
分解清掃をしたおかげで、すぐに動くようになりました。いつまた同じ現象に陥るか判りませんけどね。
こんな車両を売らなくてもイイような車両作りをメーカーさんにはして欲しいものですが、無理なんでしょうかねえ。

投稿: 管理局長 | 2015年2月26日 (木) 08時52分

管理局長様

お久しぶりで恐縮です(-.-)
TOMIXのカニ・・・一人歩きしますね(^^)
じゃなくて、カニ単体で動かすと破損する恐れがあると説明書に書いてあります。
私のカニも3か月くらいで動かなくなりました。
協調運転してたのにある日突然動かなくなりました。
カニを分解して協調部品を撤去、普通の動力車として動かしてます。
私はトワイライトのフル編成に室内灯を組み込んだら登らなくなりましたのでカニをサブ動力車として使用しました。
この辺りを改良して欲しいですね!

無事に復帰する事を祈ります(^^)

投稿: たつぼー | 2015年2月25日 (水) 19時02分

大佐様

このカニですが、レイアウトを5~6週回ったところで、ピタリと動かなくなりました!
叩いてもだめで、分解清掃を行いました。中華油の季節にはまだ早いのですが、中国製ですから脂肪肝のごとくベッタリと付いているじゃないですか!しかも電気の通り道まで。コレでよく今まで走っていたものだ、と逆にビックリしてしまうほどです。この辺はメーカーさんに何とかして欲しいものです。
車両の転がりは最悪ですね。緩い坂なら押さないと静止したままになるぐらい酷い。ここまで転がりを悪くする意味がなにかあるのか私には理解できませんね。これに、室内灯が加わるわけですから、機関車は大変な思いをして牽引しているはずです。

投稿: 管理局長 | 2015年2月23日 (月) 17時14分

おはようございます。

動力付のカニって変な感じですね。

我が家の路線はモジュールレイアウトの為。
勾配は一切ありません。

何故かTOMIXの車両は転がりが悪いですね。
TOMIXはフル編成にする場合は必ず追加の動力を推奨してあります。

転がりの改善をしようとは思わないのかなあ~??

追加の動力車両は余計な出費になりますΣ(ノд<)


投稿: 大佐 | 2015年2月23日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりで動くカニ:

« 新1番線はどうなるのか? | トップページ | 読書の冬。 【駅物語】を読んでいます。 »