« 続、最近のマイクロエースに思うこと | トップページ | 12系客車のテールライトを明るく! »

2015年6月21日 (日)

西武9000系をちょっとだけなんとかする(その3)

 あれから5か月。1月に着手した西武9000系をちょっとだけなんとかする企画。レイアウト製作をちょっとだけ止めて、やっと少し進展しました。
 おもちゃみたいな外観を効率良くそれらしく見せるには屋根のウェザリングが一番だと勝手に思い込んでいる私。今回も久々にやってみました。
 用意するのは、タミヤのウェザリングマスターのみ。しかも今回使うのはほぼ真ん中のガンメタだけというお手軽作業です。

まず着手まえの状態を確認。ベンチレーターとクーラーはすでにスミイレをして汚してあります。
Img_0646

ベンチレーターやクーラーは邪魔になるのでいったん撤去。屋根全体を万遍なくではなく、ややまだらになるようにウェザリングマスターをこすりつけます。汚れ具合は駅で実物の電車を確認するのが一番勉強になります。今回は、クーラー、ベンチレーター、パンタ周りを重点的に汚します。
Img_0647

ざっと汚した先頭車と未施工の車両を比較しています。どっちが本物らしく見えるかの判断は皆さんにお任せしますが、その差は歴然としていることだけはお分かりいただけると思います。
Img_0648

とりあえず4両目まで完了。ベンチレーターが思ったよりも白っぽくなってしまったので、ウェザリングマスターを塗って少し暗い色になるようにしました。パンタの汚しは今後行う予定です。
Img_0650

毎朝所沢駅で見かける車両達の屋根はほぼ黒っぽく汚れています。昔の電車は茶色い赤錆も屋根に結構ついていたような気がしますが、最近は黒っぽいですね。理由はわかりません。今回使ったのはガンメタなので、少し艶が入りますが、スミ色のウェザリングマスターもありますので、艶消しがいい方はこちらを使ってもよいでしょう。
超簡単で、コストも非常に安く、気に入らなければ何回でもやり直しができるこの方法。私はとてもお気に入りです。

| |

« 続、最近のマイクロエースに思うこと | トップページ | 12系客車のテールライトを明るく! »

鉄道模型」カテゴリの記事

西武9000系」カテゴリの記事

コメント

大佐さま
こんにちは。
まさに電車用のお化粧道具です。
コレを塗るだけで、おもちゃのような屋根まわりの表情が、ガラッと変わります。
手塗りなのでエアブラシと比較して、10両やるのは結構大変なんですが、貸しレに持っていった時の注目度は一気にアップします!(それが目当てというわけではありませんが。)
工場出立てのようなピカピカすぎる新車もイイですが、私は生活感が漂う車両達のほうが好きなのでこんな感じに汚しています。

投稿: 管理局長 | 2015年6月22日 (月) 15時17分

おはようございます。

お化粧道具をお使いですね\(^o^)/

タミヤのは簡単に汚しが出来るので良いです。

投稿: 大佐 | 2015年6月22日 (月) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武9000系をちょっとだけなんとかする(その3):

« 続、最近のマイクロエースに思うこと | トップページ | 12系客車のテールライトを明るく! »