« 踏切を置いてみたら・・・ | トップページ | 駅をそろそろ何とかしよう »

2015年8月31日 (月)

西武9000系をちょっとだけ何とかする(その5:最終回)

8月も今日で終わりです。長い夏休みが終わって、明日からの通勤電車にアホな学生達が戻ってくると思うと気が滅入ります。

さて、1月から作業を開始しました西武9000系をちょっとだけ何とかする企画ですが、昨日やっと予定の作業を完了させることができました!「ちょっとだけ」のはずが8か月かかりました。ホントに長かったです。

まず着工前をご覧ください。ピカピカの1年生!の雰囲気。汚れを知らない子供の様だった車両達でしたが・・・

Dsc03806



8か月後にはこんなに汚れたお姿になってしまいました!
Img_0985


写真の露出の関係で、必ずしも色加減を正しく比較している写真ではないのですが、汚れ方の雰囲気はよくわかっていただけると思います。屋根上のウェザリングも効果的ですが、貫通幌の有無と扉の銀塗装もかなり効果的です。

横から見ると、こんな感じや
Img_0989_2

こんな感じに仕上がっています。
Img_0999_2

カトーのカプラーはコスパ最高です。交換するだけで見た目がグッとよくなります。乗務員扉の下には銀河モデルの乗降用梯子を付けてみました。本当は西武用の排障器も付けたかったのですが、梯子とぶつかるので却下しました。まあ、付けたところでスカートの陰に隠れて正面からはほとんど見えませんけどね。
今回は側面の扉付近にスミ入れを行ってみました。実車でもよくあるドア周りの汚れですね。走行する際にドアの段差で渦が巻くのでしょう。その結果、ほこりが付いてしまうのだと思います。凹んでいるから、洗車機でも汚れが落ちにくいのかも知れませんね。この汚れを、薄いグレーのスミ入れ塗料で再現してみましたが、写真ではよく見えないのが非常に残念。
写真ではわかりにくいかも知れませんが、下回りも汚しました。西武の新車はグレー塗装の下回りなのですが、走行を重ねると黒に近いグレーにアカサビ色が混じった何とも言えない色になります。新車のグレーとはかけ離れた色具合ですから、これを目標に汚してみましたが、これが本当に難しい。というより、正解がないんですね。毎日電車を観察しましたが、同じ編成でも各車両ごとに汚れ方なんてマチマチなんです。それに気が付いたんで見本の写真を見つつ、テキトーな色に汚してあります。ですから、10両バラバラな汚れ方になっています。

上から見ても下から見ても横から見ても何とか鑑賞に堪える、ようにしたつもりのこの車両。貸レイアウトに持っていくのが楽しみな車両です。

| |

« 踏切を置いてみたら・・・ | トップページ | 駅をそろそろ何とかしよう »

鉄道模型」カテゴリの記事

西武9000系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武9000系をちょっとだけ何とかする(その5:最終回):

« 踏切を置いてみたら・・・ | トップページ | 駅をそろそろ何とかしよう »