« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月25日 (日)

京王6000系入線

ここしばらく全然レイアウト製作ができない私。そんな中、なぜか車両だけが増えて行きます。今回入線したのは京王電鉄6000系旧塗装旧ロゴ8連。
Img_1570
コイツです。
私にとって、京王線=6000系なんです。そういう世代です。私より少し上の世代ならば京王=5000系になるのかも知れません。この電車に乗って大学受験に向かったのでとても懐かしいのです。
今回買った車両は色々調べたところ、旧ロゴ+スカートなしということで結構昔の状態らしく、私が大学受験で乗った当時よりも前の状態らしいです。運転席の頭にアンテナも付いていないし、私の頭の中に残るイメージとちょっと表情が違うのはそのせいなのかもしれません。
マイクロエースからは2連の付属編成も発売されていますが今回は8連のみの購入にとどめます。この状態の時代は8連の特急運用もあったみたいなので、コアな京王ファンではない私にはこれで十分だと思います。
Img_1574
新宿の地下駅を出発した京王線はこの写真のように右に急カーブをしながら笹塚方面に向かいますね。製品のライト類は綺麗に光りました。
Img_1573
細かな表記類は、マイクロエースですから他のどのメーカーよりも細かく印刷されています。台車は少々薄っぺらい印象でしょうか。でも違和感はないので良しとしましょう。紺この角度で見ると先頭部の連結器が出っ張りすぎで不自然ですね。ダミーならもう少し上手に作れるはずです。
Img_1575
パンタグラフはシューの部分のシャープさが少々欠けています。まあ、いつもの通りです。ヒューズ箱等は別パーツが取り付け済み。配管類の彫刻も悪くはないです。マイクロエースの良い点として屋根上の足掛け金物のような細かな部分にも塗装がしてある点が挙げられます。6000系のようにベンチレーターがなく非常にあっさりとした屋根上の表情を持つ車両では非常に目立つ部分となるので効果は大きいと思います。また、写真ではちょっと見にくいですが、貫通幌は取り付け済みかつ貫通扉は塗装済みです。この辺はさすがです。

さてこの先は走行系のチェックです。走りが重たい、というのが第一印象。最近のマイクロエースの動力車は結構性能が良くなっているものが多く、スローからよく走るものが多かったのですが今回の車両はイマイチでした。かといって返品・交換を要請するようなものでもありません。あくまでもちょっと昔のマイクロ動力の印象です。そしてこの製品全体に共通する点ですが、脱線しやすいという点。なぜだろう、と思って色々な速さでレイアウトを周回させてみましてわかりました。ヒトに例えると足首やひざの関節が硬い、という状態でしょうか。Nゲージ車両は前後方向の勾配変化には台車が追随しやすく出来ています。が、まれに横断方向の勾配変化に対して台車が追随できないものが存在します。GM製の動力車によく見られたのですが、今回の京王6000系がまさにそれ。しかもT車も。ねじの締めすぎなのか、集電ばねが強すぎなのか、はたまた構造的な欠陥なのかはわかりませんが、編成全体で同じ傾向が見られます。このような車両はカントに差し掛かる区間やポイント通過時に脱線する確率が非常に高くなります。カプラーをトミックスの車体マウント式に付け替えてしまうと更に悪化します。(付け替えるつもりはありませんが。)今日は試運転だけで時間いっぱいだったので、おいおい対策を考えたいと思います。
今回はお値段が比較的安かったので購入しました。が、近年の超価格高騰のマイクロエース製品はとても手が出ません。これでマイクロエースとも完全にお別れかも知れませんね。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

ホームの屋根をさらに汚す

今度はローカルホームの屋根をさらに汚します。

Img_1460
汚す前は、ピカピカです。過去に同じ処理をやっていますので、何も難しいことはありません。
Img_1462
汚したあとは、こんな感じになりました。写真では緑色がやや強く見えていますが、実物はさほどではありません。
Img_1467
駅に配置してみました。跨線橋の右側の屋根は以前汚したもの。今回のものと比べても汚れ方に大差はないようなので良しとします。
Img_1469
久々に走らせた西武2000系。1990年代の中盤ぐらいまではこんな風景が西武沿線でも見られたような気がします。石神井公園や練馬の駅なんて、今とは比べ物にならないほどボロかったですからね。
レイアウトの細かいところまで作りこんでくると、次第に車両の作りこみの甘さが目立ってくるようになりますね。この写真のメーカーの車両の場合は特にそうなりがちです。
ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーム延長部も汚してみる

昨日から体調を崩してしまい、この1.5連休もやりたいことが大してできませんでした。連休最終日は家でおとなしくしているしかできない状態でしたので、体力を使わないレイアウト製作を少しですが進めました。

前回の作業に続いてホーム延長部のウェザリングと業務用階段の加工を行います。

Img_1445
加工前の状況。ウェザリングした右のホームとの質感の差が明らか。業務用階段は、ちょっとがっちりし過ぎた印象です。
Img_1446
業務用階段の印象を少し軽やかにするため、階段下部のコンクリートを一部撤去しました。
Img_1451
ホーム延長部は、これまでと同様にスミイレ+ウェザリングマスターで汚します。ホームの真ん中あたりは歩く人が多いだろうということで少し茶色を濃くして汚してみました。端部の白い手すりは経年劣化による退色と赤錆を表現してみましたがどうでしょう?それと、下部の鉄骨部分も地面に馴染むように茶系で足元を中心に汚しています。
Img_1495_2
業務用階段は地面から上がってきた時に引きずってきた土埃を少々強めに茶色で表現しました。鉄骨組みのホーム自体が軽やかな印象なので、それに付随する階段ががっちりし過ぎていてはどこか不自然でした。今回階段下部のコンクリートを切除したことで、ホーム構造に見合った階段になったのではないかと思います。(いつもの自己満足です。)
Img_1457
レイアウト上に配置して印象を確認します。細部についてはひとつ前の写真で確認済みですし、おかしくはないと思います。が、レイアウトを一番多く見る画角はこのような感じでしょう。この状態で破綻しているようならどこかに大きな間違いがあるはずです。先日加工したひとつ手前のブロックのホームとの質感の食い違いもなさそうですし、イイ汚れっぷりを表現できていると思います。(度重なる自己満足と自己陶酔の世界です・・・)
ブログ村に参加しています!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

ホームと待合室を汚してみる

しばらくレイアウト製作から遠ざかっておりました。

日曜日の朝ではありますが、私は夜勤明けのため頭が回っておりません。手元が狂ってもケガはしたくないので、このような場合には極力刃物を使う作業は行わないようにしています。そこで今回はホームと待合室を汚してみることにしました。
方法は、すでに私なりに確立した手順であるスミ入れ塗料+ウェザリングマスター。ひたすら手を動かすだけの作業ですし、失敗してもやり直しが可能。
Img_1430
待合室の作業前。新築とも異なる不自然なピカピカ状態ですね。
Img_1431
スミイレ塗料をウォッシングしたあとでウェザリングマスターでお化粧したもの。テーマが北海道ですから、瓦屋根は不自然なんですがとりあえず現時点では目をつぶります。風雪に耐えしのび粉塵が付着し、ペンキが退色した感じを目指しました。さらによく見るとわかりますが、貼り付けてあったポスターも汚したついでに下端部が少しはがれた状態にしています。建物のウェザリングに比例せずにいつまでも綺麗なままのポスターや看板は、かなり不自然なものです。まわりに溶け込むようにした方が無難です。
Img_1433
プラットホーム側もスミイレ+ウェザリングマスターで処理し待合室を合体させてみました。机の上に置いている状態ではありますが、少しは落ち着いて見えるようになったのではないでしょうか?写真ではよく見えませんが、待合室まわりなどは歩行できる範囲が限られてしまうので、舗装面に付いた靴汚れもある程度表現しています。側壁部は明るいグレー塗装が目立つので、特に重点的に汚してみましたが、もっと汚くてもよかったかも知れません。
Img_1437
レイアウトに置いてみました。本日は手出ししなかったホーム先端の新設部分の塗装状態と比べると今回汚した部分の見栄えの差がはっきりと出ていますので、汚した甲斐がありました。レール回りをうまく塗装すれば、さらに見栄えが良くなると思われます。ホームの加工でも、まで駅名表示板や照明柱の設置が残っています。これらは製品のままだとおもちゃ同然にしか見えないので、それなりに塗装+汚しが必要なため今回の設置は見送りました。次回以降のお楽しみということで。
ブログ村に参加しております!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

KATOさんから何やら出るらしい

すでに発売予告がされていますが、年が開けてからE26や50系51型が出るらしいです。

E26に関しては完全無視のつもりですが、LED室内灯は興味有りです。

50系については、5両セットを買いたいですが、気になるグレードアップパーツが発売されるのですね。ベンチレーターが別部品になった屋根らしいけど。別売りするぐらいなら最初から別パーツ仕様にしてくれよ!というか、今回発売の品物はどんな仕様なのさ?

わけがわからない、Katoさんらしからぬ新製品予告でした。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

DD51をつくる5

諸般の事情により、随分と間が開いてしまいました。
ただいま夜勤週間の真っただ中。限りなくブラック企業に近い当社の夜勤は、8時間労働が当たり前の一般企業とはわけが違うのです。どちらかと言えば医師や看護師に近い12時間以上の労働を強いられるわけで、決して楽なものではありません。おまけに勤務先まで片道2時間・・・。さて私は1日何時間寝られるのでしょう?そして1日何分自分の時間があるのでしょうか?

そうは言いつつも、今日は少し早く帰宅できたのでやりかけの仕事を片付けました。
Img_1396
土台は、先日の日曜日にメタルブラックに塗りました。本当は、漆塗りのようなピアノブラックのような黒がよかったのですが、良い塗料が見つからずやむなくメタルブラックに。まあ、これはこれで良しとしよう。

Img_1397

これにウェザリングまで済ませた線路と側壁のパーツを取り付けました。線路が無ければただのプラの塊ですが、線路が付くと鉄道模型らしくなってワクワクしてきます。
なんとここまでの作業でもう昼の12時を回っている!まずい、寝る時間がない!ということでおやすみなさい・・・。


ブログ村に参加しています!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

ローカルホームに手を加える

秋ですね。近くの小学校では地区の運動会です。

今週は連休だったので、さぞやレイアウトが進んだことだろと思われるかも知れませんが、予想外の出来事がありまして、進んだのはほんのチョットだけでした。
今回は、トミックスの島式ホーム(ローカル型)に手を加えます。この製品、田舎の雰囲気をよく出していると思われるので、私は結構お気に入り。でも完成品の悲しいところでどうしても単調に綺麗な状態で販売せざるを得ません。ジオコレのようにウェザリング済みで発売されるなんて、例外中の例外でしょう。
そこで、あまりにもおもちゃっぽい外観を何とかしましょう!まず第一歩として目地埋めを行います。製品は140㎜ごとの接続式となっており、この接続部の目地が結構目立ちます。せめて上から見たときぐらいは目地をなくしたいものです。さすがにホーム全長7両分を接着してしまうと後のメンテが大変なので、とりあえず2つ連結した280㎜としてみました。2つつないだ状態で、隙間部分にパテ代わりに瞬間接着剤を表面から流し込み、乾燥後にやすり掛け。あまりにも簡単な作業なので写真は省略します。側面部はブロック積のような形状になっているので、瞬着は使わずそのままにしておくほうが無難です。
そのあとに塗装です。
Img_1362
使うのはGMのねずみ色1号とダークグレー。全体にダークグレーを塗り、乾燥後に天端部分をマスキングしてねずみ色1号で塗装。上の写真はねずみ色1号を塗ったところです。
Img_1365
塗料が乾燥後、切り出したマスキングテープを貼り付け、全体に艶消しクリアーを吹いてとりあえず完了。先行して組み立てたホーム端部とつなげても違和感はないようです。たったこれだけ手を加えるだけでも、何もしていないホームの部分とは見栄えが違ってくるので、思わずうれしくなります。
なんと、今週はこれしか作業が進みませんでした。月曜からは夜勤だし残念ですが来週も望み薄です。たまにはこんなこともあるよ・・・。
ブログ村に参加しています!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »