« KATOさんから何やら出るらしい | トップページ | ホーム延長部も汚してみる »

2015年10月12日 (月)

ホームと待合室を汚してみる

しばらくレイアウト製作から遠ざかっておりました。

日曜日の朝ではありますが、私は夜勤明けのため頭が回っておりません。手元が狂ってもケガはしたくないので、このような場合には極力刃物を使う作業は行わないようにしています。そこで今回はホームと待合室を汚してみることにしました。
方法は、すでに私なりに確立した手順であるスミ入れ塗料+ウェザリングマスター。ひたすら手を動かすだけの作業ですし、失敗してもやり直しが可能。
Img_1430
待合室の作業前。新築とも異なる不自然なピカピカ状態ですね。
Img_1431
スミイレ塗料をウォッシングしたあとでウェザリングマスターでお化粧したもの。テーマが北海道ですから、瓦屋根は不自然なんですがとりあえず現時点では目をつぶります。風雪に耐えしのび粉塵が付着し、ペンキが退色した感じを目指しました。さらによく見るとわかりますが、貼り付けてあったポスターも汚したついでに下端部が少しはがれた状態にしています。建物のウェザリングに比例せずにいつまでも綺麗なままのポスターや看板は、かなり不自然なものです。まわりに溶け込むようにした方が無難です。
Img_1433
プラットホーム側もスミイレ+ウェザリングマスターで処理し待合室を合体させてみました。机の上に置いている状態ではありますが、少しは落ち着いて見えるようになったのではないでしょうか?写真ではよく見えませんが、待合室まわりなどは歩行できる範囲が限られてしまうので、舗装面に付いた靴汚れもある程度表現しています。側壁部は明るいグレー塗装が目立つので、特に重点的に汚してみましたが、もっと汚くてもよかったかも知れません。
Img_1437
レイアウトに置いてみました。本日は手出ししなかったホーム先端の新設部分の塗装状態と比べると今回汚した部分の見栄えの差がはっきりと出ていますので、汚した甲斐がありました。レール回りをうまく塗装すれば、さらに見栄えが良くなると思われます。ホームの加工でも、まで駅名表示板や照明柱の設置が残っています。これらは製品のままだとおもちゃ同然にしか見えないので、それなりに塗装+汚しが必要なため今回の設置は見送りました。次回以降のお楽しみということで。
ブログ村に参加しております!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村

|

« KATOさんから何やら出るらしい | トップページ | ホーム延長部も汚してみる »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/62007236

この記事へのトラックバック一覧です: ホームと待合室を汚してみる:

« KATOさんから何やら出るらしい | トップページ | ホーム延長部も汚してみる »