« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月27日 (金)

アルコンに輝きを!

キハ59系にもいくつかありますが、私の手持ちはアルファコンチネンタルエクスプレス。通称アルコンと呼ばれる列車です。引退してかた随分と年月が経つ車両ですが、今回はこれを何とか見栄えを良くしたいと思うのです。

まずは何もしない状態。
Img_2427

車体も屋根も金色!本来目立つのかも知れませんが、意外と地味な写真写りになります。先頭車だけはハイデッカーですから室内灯を入れると効果的なのは買った当初からわかっていたのですが、既製品ではプリズムが異常なほどに目立ってしまします。

そこで、しまかぜの室内灯でお世話になったルームの登場です。が、ここで問題発生。基本的にトミックスのパクリ構造のマイクロ車両ですが、材料費をケチったんでしょうか?車体内部のウェイト兼集電金具の長さが短いのです。


Img_2430
通販で売られているルームでも取り付けられるようなのですが、多分ギリギリでしょう。私は余裕を持たせるために、写真のように銅のテープの部分を2cmほど伸ばしました。これなら余裕をもってつくはずです。

Img_2434

マイクロエースの先頭車は、ヘッドライトのプリズムパーツが出ていることが多く、先頭部を先に引っ掛ける必要があります。そうすると写真のようにどうしても銅のテープが長くなくてはならないのです。こうしたくない人は、製品の取り付けを説明したブログのようにプラ板にLEDテープを貼り付ける方法もあるのですが、それをやったら多分プラ板が窓から見えてしまうでしょう。


Img_2438

目立たく取り付け完了。いい感じに明るくなりました。本当はM車の取り付けにも一工夫いるのですが今回は説明を割愛します。


Img_2439
気になる先頭車のハイデッカー部、もこの通り。LEDが1個光っているのが見えますが、薄いので目立ちませんし見様によってはホントの照明のように感じます。


このようにテープLEDの照明はハイデッカー車や天地方向に窓寸法の大きい車両に絶大な効果を発揮します。ということで、次の施工対象車は函館エクスプレスかな・・・。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

東急5050系に輝きを!

またまた、随分と間が開いてしまいました。なんだかんだと、結構この時期忙しいのです。それに加えてなぜか週末になると体調不良・・・。ついていないです。

今回は、東急5050系に室内灯を付けました。

純正品ではなく、先日しまかぜにつけたルームを使用しました。

前回と違うのは、今回使用したものがカトー用であることだけ。

取り付け例のブログを参考に10両分付けた結果がコレ。

Img_2412


薄曇りの日中の室内でもこれだけ明るく見えます。部屋を暗くしたら、さぞ輝くことでしょう。


カトー純正品ですと、どうしてもライトの周りが強く光りがちですが、テープLEDのルームのではそれはありません。

そして何より良い点は、プリズムを使わないので軽量化が可能です!

我が家のレイアウトでは、転がりの良いカトーの車両でも室内灯を全社に付け、1Mで10両となると勾配を登り切ることが難しくなります。

ところが今回は楽勝で登り切りました。
プリズムだって10両分集まればソコソコの重量になりますからね。

ルームの場合はテープLED+ダイオードだけなので、ほとんど重量がありません。

長編成向きの室内灯ともいえるかも知れませんね。

特にトミックスのように転がり抵抗が最悪のメーカーに付けると重量減の恩恵は大きいと思います。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

久々に線路を塗り塗り

線路を塗る・・・。私がレイアウトを作る上で一番メンドクサイと思う作業です。
そう思いながらも、一番視覚的効果があるのではないかと思う作業でもあります。
久々なんですが線路の塗装をやってみました。
まずは、着工前の状況から。
Img_2147
よく写真撮影に使う場所なのですが、線路のギラギラ感満点で大幅に実感を損ねています。

それでは塗装後の状況を。
Img_2151

線路の側面は茶色に染まり、頭だけがキラッと輝く本物の鉄道レールのようになりました。色合いはベストではありませんが、これなら何とか許してもらえる程度のものになったと思います。


さらに目線を近づけてみると・・・
Img_2154

落ち着きのある茶色のレールがイイ感じですね。ポイント付近の線路はもっと油汚れが目立つはずなので、その辺りは今後の課題にしたいと思います。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

しまかぜを明るく!

衝動買いで買ってしまった近鉄しまかぜ。

Img_2082
この列車に世間で言うほどのカッコ良さを感じない私としては、せめて室内灯だけでも付けてソコソコのグレードアップを図りたいと考えていました。
が、あのデカすぎる窓ガラスが仇となりトミックスやマイクロエースのプリズム型の室内灯は付ける気になれませんでした。プリズム、外から丸見えでしょ、あれじゃ。おもちゃ感丸出しになってしまうぐらいなら、付けない方がイイや、と思ってネットを見ていたらイイのがありました!

早速取り寄せて付けてみました。
Img_2084

使用したのは、Lughmという室内灯。簡単に言うとLEDのテープです。両面テープで屋根裏に貼り付けるだけであり、プリズムは使いません。薄型設計なので窓が広い車両でも、ほとんど室内灯が目立ちません。明るさは、写真のとおり。メーカー製品にありがちな、電球近くだけが妙に明るい、という不自然さもなくほぼ均等に明るくなります。

そして一番の驚きは、その価格。メーカー品を付けるのがアホらしくなります。
夜間に列車を外から眺めると、実車の室内灯は意外と暗いことに愕然とするのですが、とにかく車両を明るくしたい!という方にはお勧めの室内灯ですね。
ブログ村に参加しています

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

DD51をつくる6

レイアウト製作と並んでなかなか進まないDD51の組み立て。
今回は、やっとここまでたどり着きました。

Img_2025_2

グレー一色だったエンジンの塊に、やっと色違いのパーツを塗装して取り付けることができました。少しだけ見栄えがするようになった気がします。
以上…。
ブログ村に参加しています。
 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

京王6000系の整備

マイクロエースからの購入車両としては最後の車両となるかも知れない京王6000系。行先表示も何もない状態ではあまりにもつまらないので付属のシールを付けてみました。

Img_1750
特急:京王八王子行きに設定しました。列車種別が向かって右に来るのは西武と逆なのでちょっと違和感があります。白い車体に赤い列車種別はとても似合うように思います。

Img_1751

側面も同様にシールを貼り付け。これ、かなり小さいです。8両編成なのですが、2両終わった時点で集中力が途切れました。というより夜勤明けだったので、いつの間にか眠っていました…。


ブログ村に参加しています!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

久々に引っ張り出してみたら・・・

最近なかなか鉄道模型と向き合う時間が取れません。ということでなかなか更新できません。お寒い限りです。
でも今日はちょっと時間が取れました。久々に北海道になじみのある車両を引っ張り出してみました。

Img_1743

キハ82(カトー)とキハ57(トミックス)。かつては北海道の特急走行路線でこんな光景が見られたことでしょうけど、今はどちらも全廃。どちらの車両もろくに整備もできずにほったらかし状態だったのですが、キハ82は全く問題なしで走行しましたが、キハ57はNG。一応ハイグレードモデルなんですけどね。ちなみにキハ57は、初回発売のもの。10年ぐらい前の製品でしょうか?フライホイールは付いていません。
走らないとイライラしてくるものですから、結局分解清掃を行う羽目になりました。ここから写真は一切なし。作業に夢中になり、写真を撮り忘れました。
台車を外す前に、まずグリスの汚れが気になりました。まさに粗悪な中華油ですから即ふき取り。台車をばらしたついでに歯車のグリスも大半はふき取りました。トミックスとマイクロエースはグリスをつけすぎです。台車を分解するとわかるのですが、溶けだしたグリスが車軸にまわりこれが集電装置まで達します。綿棒で集電装置をふき取ると、油汚れがひどいことがわかります。本当にひどい台車構造です。車軸部分も清掃して油を除去。分解したついでに集電ばねの接点も清掃しました。再度組み立てて走行させてみるとちゃんと走るじゃないですか。分解清掃の手間が報われる瞬間です。フライホイール付きの現代仕様には勝てませんがそこそこに走りは復活しました。
それにしても、なんでトミックスとマイクロエースはあんなにコッテリグリスを付けるのでしょう?夏場にケースのウレタンに浸み込んで大変だし、接触不良の原因にしかならないと思うのですが。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »