« キハ40系700・1700(首都圏色)が来ました! | トップページ | バラスト撒きと、のり面工作を少しだけ進めました »

2016年3月27日 (日)

駅裏ののり面を成形する

Img_4943
2016年3月27日の様子です。

日ごろから不満を抱いていた駅裏手ののり面の工作を行いました。

Img_4931
先日の工作が完了した時点で、このように発泡スチロールを固定してありましたので、あとは削り出すだけです。が、これを間違えると完全にオモチャの世界ののり面になってしまうので要注意の作業でもあります。


Img_4932
削り出す前の重要な確認事項です。のり面の高さは6㎝。ということは、150倍すると9mの高さになります。のり勾配45度で上から下まで一気に切り落としてよいのか?と言うと、そうにあらず・・・。高さ5m(企業者によっては7.5m)おきに小段を付けるのが業界の常識です。今回はたまたま、3㎝の発泡スチロールを2段重ねていますので、高さ3㎝の部分で小段を付けることにします。3㎝だと150倍して4.5mになるので、見た目的にもさほど違和感は無いはずです。
小段の幅は6㎜を目標にしました。150倍して90㎝になります。本来1mの幅が欲しいのですが、今回は雰囲気重視ということでやや狭い小段で我慢します。

Img_4937
頭の中にある程度の形状を決めて、バッサリと削り落としてやりました。あれだけあった発泡スチロールの塊が、こんなに小さくなってしまいました。今回ののり面は2面で考えないといけないので、慣れてない方には少々ややこしいかも知れませんね。私は毎日のように仕事でこんな形状の図面を見ていますので、まあ予定どおりかと思っていますけど。

Img_4939
発泡スチロールの削り出しは綺麗なことにこしたことはありませんが、私は下地処理で紙粘土を薄く貼り付けてしまうので多少の不陸はどうにでもなります。上の写真のように、左奥にある既設の擁壁から今回施工ののり面までの間の未成形部分もまとめて紙粘土で覆いました。あとは乾燥後にアクリルガッシュでアースカラーを塗るだけです。写真のように、2方向の小段の高さを合わせてあげないと、つじつまが合わない変なのり面成形になってしまうので注意が必要です。
このようにのり面成形を行うことで、すぐそばに設置しなければならない橋台の形状が頭の中にはっきりと思い描けるようになりました。図面だけで考えるとなかなか難しいんです。

Img_4942
方向を変えて見てみます。コンクリート擁壁端部から先はグリーンマックスの落石防止柵をウェザリングした上で仮配置してみました。この部分ののり面は結構角度をきつくしています。落石がいかにもありそうな感じに仕上げる予定です。
牧場になる側の線路際にも紙粘土を貼り付けました。次回の作業で色塗り〜バラスト散布と続けることができます。

Img_4944
先日入線したキハ40の試運転です。久々に車両の運転を行いました。北海道をテーマにしているレイアウトですから、この車両が一番似合うのかも知れません。運転席窓ガラスの縁が黒のHゴムというキハ40も違った趣があってイイですね。

|

« キハ40系700・1700(首都圏色)が来ました! | トップページ | バラスト撒きと、のり面工作を少しだけ進めました »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

大佐さま
レイアウトの件、早く決まると良いですね!

北海道風のレイアウトにすると、建物が少なくて済む、という利点があるのです!その代りに、自然の部分を多く作り込まねばなりません。建物ばかりでごちゃごちゃした風景は大嫌いなので、私には田舎の風景が向いているのです。それに、北海道には5年ちょっといましたので、あちらの風習もソコソコわかっておりますので作りやすいのです。

投稿: 管理局長 | 2016年3月28日 (月) 23時23分

こんにちは。

少しずつ進んでますね!!

我がモジュールは、解体して新たに作成するか、ボード毎に切り離し移設するか!!

只今、検討中です。

北海道テーマのレイアウト良いなあ~


投稿: 大佐 | 2016年3月28日 (月) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/64678568

この記事へのトラックバック一覧です: 駅裏ののり面を成形する:

« キハ40系700・1700(首都圏色)が来ました! | トップページ | バラスト撒きと、のり面工作を少しだけ進めました »