« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月26日 (日)

馬小屋とビニールハウスを設置してみる

暑いですね・・・。私は暑いのが滅茶苦茶苦手。ということで、早くも夏バテ気味です。
そんな中、久々に買いだしに行ってまいりました。
Img_5561
土曜日に購入してきたものです。
全部を一気に設置するわけにもいかないので、できるものから順に設置してみました。
まずは、馬小屋(兼牛小屋)。
Img_5563
製品は、半完成品というより90%完成品と言えるものですから、出窓の部分だけくっつけてハイ完成!となります。あとは土台にくっつけてレイアウト上に置くだけです。一緒に買ってきたカトーの牛も並べてみると、なんとなくいい感じになりました。
牛と馬を同時に飼う牧場があるのか疑問ですが、観光牧場と設定すればそれもアリだと思います。

続いては、花畑のあたりのお話し。
Img_5617
ビニールハウスを買ってきたので設置してみました。これは、富良野のファーム富田に代表される花畑にあるビニールハウスを参考にしたものです。この中で苗や季節外れのラベンダーを育てていたりしています。今回は製品に入っていた大と中を設置してみました。事務所棟より少し上がった花畑の敷地の片隅のような部分に設置してみました。
さらに、大きいビニールハウスのすぐわきののり面には白い花を敷き詰めてみました。先日から設置しているピンク・青の花も含めてすべてポポンデッタの製品です。遠目に見れば、これでも花畑らしく見えるものです。でもやっぱり白は目立たないですね。次は赤か黄色を咲かせたいものです。
Img_5616
本日の作業終了後の定点撮影です。
花畑の事務所棟の周囲をアースカラーに塗装したので、かなり発泡スチロール剥き出しの部分の面積が減ったように感じます。実際には資材で隠れている部分がかなりあるのですけれどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

花を咲かせてみました

梅雨ですが、すっかり夏のような暑さになりました。
ということで、レイアウトにも花を咲かせてみました!
Dsc04144
いつもの全景写真では、少々わかりにくいかも知れません。
アップにすると・・・
Dsc04148
ちゃんと咲いています。
花畑入口の駅の目の前にある駐車場に面するのり面を花畑で飾ってみました。
使用した材料は、以前ポポンデッタで仕入れたピンクと青の花畑。2色の境目は斜めにしてアクセントにしています。ついでにその上にある遊歩道にも砂利を撒いています。プレハブの建物は、事務所にするつもりですが、このままでは鉄道員詰所と一緒になってしまうので、一工夫必要なようです。
Dsc04147
その他の作業としましては、先日木を植えた部分と線路を挟んで対面する部分に草を生やしたり・・・
Dsc04145
牧場の延長部分にアースカラーを塗ってみたりと、地味な作業の繰り返しでした。
作業は地味でも、必ず次回に繋がるんだよ!と心に言い聞かせながら、このところ毎週作業を続けています。
毎度のように載せている全景写真ばかりを続けて観るとわかるのですが、確実に地面と緑化された範囲が増えてきています。レイアウト製作開始当初から、ほぼ同じ画角で撮り続けていますので、いつの日か開始〜完成までまとめて発表したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

馬・・・

3日連続でブログを更新しているからと言って、決して暇なわけではありません。
毎日レイアウトをいじれるわけでもなく、ただ単に先日の連休で撮りためた写真があっただけです。
当レイアウトでは初となる動物を置いてみました。
Dsc04103
先日のレイアウト全景にもゴマ粒のように写っていたので、わかる人にはわかったのかも知れません。ホントは牛が良かったのですが、手持ちは生憎馬しかない。そう、今回も廃品利用なんです。少しずつ整備した牧場と動物がマッチするか見てみたかったのです。 何となくよさげな感じがします。もう少し、草の部分が多くても良いのかも知れません。
そんなことを言っていると、列車が脇を通過しました。
Dsc04126
鉄コレの三陸鉄道。久々に走らせました。
レイアウト製作初期には、試運転列車として随分とこの車両には活躍してもらったものです。
グレーのバラストとお似合いかも知れません。三陸カラーは緑に映えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

落雪防止柵を付けてみる

「落雪防止柵」・・・それは、雪国に縁がない人には全く関係のない施設。
簡単に言うと、のり面の途中に丸太や鉄骨等で雪が落ちてくるのを防いでいるヤツです。
当レイアウトは北海道の雪国がテーマなので付けないわけにはいかないのです。
と、いうことで作ってみました。
Dsc04096
材料は、フレキ線路の余った枕木。
上の写真のように、枕木4本を一組にして切断。
写真のような形状に加工します。簡単ですよ・・・。
これを、狙った位置にエイッと刺すだけ!
Dsc04099
鉄道員詰所が落雪でつぶれてはいけないので、まずここに3組設置。
Dsc04101
もう一か所は駅前広場の目の前ののり面に設置。
ここも落雪があると、広場に甚大な影響を及ぼすので設置する意義があります。
どちらにしても、色が地味なのであまり目立ちませんが、この程度のささやかな自己主張で十分な設備だと思います。
写真のように、上下段にしてかつ千鳥になるように配置すると本物らしい雰囲気が出ます。
今回は仮設置なので、時間をみて艶消し塗装+ウェザリングをして本設置を行いたいと思います。
また、落雪防止柵には木製以外にも金属製のものもあったり、形状も様々なものがありますので、インターネットで調べてみると結構面白いです。私は余った材料で手抜き工事をしてしまいましたが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

初めて樹木を植えてみました

本日はお昼過ぎに野暮用があるので、午前・午後に分割しての作業となりました。
午前の作業が終わった状態の写真です。
Dsc04092
昨日貼り付けた紙粘土の部分にアースカラーを塗りました。
また、昨日下地を仕上げた部分に、このレイアウトでは初となる樹木の植え付けを行いました。
ちなみに、樹木は前作までのレイアウトで使用したものを再利用しています。
Dsc04093
作業個所を拡大するとこんな感じです。樹木のおかげで、裏の線路が見えにくくなりました。
この区間に実際に列車を走らせるとどうなるか?
Dsc04113
運転時の目線はこんな感じになります。
列車を完全に隠せるわけではありませんが、不自然さを少なくさせる一定の効果はあるように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

緑化を進めています

最近、こればっかりですね。
ひたすら緑化。牧場部分の緑化にも少し飽きてしまったので、違う部分に手をだしてみました。
Dsc04088
前回の写真と比べれば、緑の濃さが違う部分があるのですぐわかりそう・・・。
正解の場所をアップにしてみると、
Dsc04091
線路と線路の間の部分です。
先週までに下地処理は終えていたので、フォーリッジを貼り付けてみました。
この部分、線路が近づきすぎて不自然極まりない箇所ですから、早く何とかしたかったのです。フォーリッジが少し剥げている部分もありますが、今後樹木を植えるつもりなので目立たなくなります。樹木を植えることで、樹木背面となる線路を走行する列車の姿が目立たなくなります。
ついでに、今回緑化した部分の線路を挟んだ反対側ののり面に紙粘土を貼り付けて、次回の作業への足掛かりとしました。
明日も、作業する時間が取れるとイイなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

なぜか忙しいのです

会社で竣工検査が終わったので少しは楽になるかと思ったら、全然そんなことはなく忙しく慕います。さすがブラック企業です・・・。
連休、取れるかなあと思っていたのですが、昼夜勤務(簡単に言うと徹夜です)明けはさすがにつらく、晴天の日中を寝て過ごしてしまいました。ああ、もったいない。
次の日には新しいテレビ台を買って組み立てたりしておりましたので、鉄道模型をいじっている暇がない!でも少しだけ進めてみました。
Dsc04064
2016年6月5日の様子です。
牧場予定地のあたりが、なんとなく黄緑色に染まりました。
Dsc04065
前回、濃い緑のターフを使用しましたがあまりイメージと合わなかったので、今回は津川の黄緑色の細かなスポンジを固着してみました。ボンドが乾けば、もっときれいな黄緑になるはずです。
身体が本当に疲れていると、これだけの作業でも本気で疲れてしまうのです。
少しで良いから、休みたいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »