« 初めて樹木を植えてみました | トップページ | 馬・・・ »

2016年6月13日 (月)

落雪防止柵を付けてみる

「落雪防止柵」・・・それは、雪国に縁がない人には全く関係のない施設。
簡単に言うと、のり面の途中に丸太や鉄骨等で雪が落ちてくるのを防いでいるヤツです。
当レイアウトは北海道の雪国がテーマなので付けないわけにはいかないのです。
と、いうことで作ってみました。
Dsc04096
材料は、フレキ線路の余った枕木。
上の写真のように、枕木4本を一組にして切断。
写真のような形状に加工します。簡単ですよ・・・。
これを、狙った位置にエイッと刺すだけ!
Dsc04099
鉄道員詰所が落雪でつぶれてはいけないので、まずここに3組設置。
Dsc04101
もう一か所は駅前広場の目の前ののり面に設置。
ここも落雪があると、広場に甚大な影響を及ぼすので設置する意義があります。
どちらにしても、色が地味なのであまり目立ちませんが、この程度のささやかな自己主張で十分な設備だと思います。
写真のように、上下段にしてかつ千鳥になるように配置すると本物らしい雰囲気が出ます。
今回は仮設置なので、時間をみて艶消し塗装+ウェザリングをして本設置を行いたいと思います。
また、落雪防止柵には木製以外にも金属製のものもあったり、形状も様々なものがありますので、インターネットで調べてみると結構面白いです。私は余った材料で手抜き工事をしてしまいましたが・・・。

|

« 初めて樹木を植えてみました | トップページ | 馬・・・ »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

大佐さま
本当はもっとカッコいい設備にしたかったのですが、時間もない中での施工なので、廃材利用で妥協しました。
北海道の山奥で生活していたのに、落雪防止柵を撮った写真が1枚もない!自分の研究心のなさに呆れてしまいました。

投稿: 管理局長 | 2016年6月14日 (火) 21時29分

こんにちは。

枕木の廃材を使ったものって実際にもありますよね。

とても良いアイディアです\(^o^)/

投稿: 大佐 | 2016年6月14日 (火) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/66004916

この記事へのトラックバック一覧です: 落雪防止柵を付けてみる:

« 初めて樹木を植えてみました | トップページ | 馬・・・ »