« 北を目指す・・・ | トップページ | DD51をつくる10 »

2016年8月 3日 (水)

久々の御対面・・・

北海道2日目。 今日は真の目的を果たす日です。
が、腹が減っては戦はできません。函館と言えば、朝市ですね。
Img_6173
ということで、大好きないくら丼をいただきました。
本州で食べるのと違い、しょっぱくない!何杯でも食べれそうな気がします。
ホントは、いくらでご飯が見えないくらいのが良かったのですが、朝からはさすがにそこまで食べる気にはなれず、このぐらいが適量かと思います。
Img_6172
朝6時半の函館駅。かつての函館駅の面影はありません。随分とこじゃれた感じになってしまったものです。
Img_6178
函館駅で撮り鉄をしていると、いさりび鉄道の車両が泊っていました。
左から、ながまれ号、いさりび鉄道新塗装、JR北海道色と3色そろい踏みでした。
このあと、ながまれ号だけが取り残されました。
Img_6183
夜のいさりびをイメージしたのでしょうか?落ち着きの中にも味がある塗装に感じます。ぜひ、新塗装と一緒にトミックスから発売されて欲しいものです。(すぐ買いますよ!)
Img_6197
ながまれ号と遊んでいたら、733系はこだてライナーが入線してきました。
本州から新幹線で来た人の大部分がこの車両のお世話になるはずです。
私は知らなかったのですが、各駅停車のはこだてライナーも日に何本かあるようで、この列車は各駅停車となって折り返して行きました。
ところで、はこだてライナーは何で電車なのでしょう?電車にする必要ってあったのかな?
函館と新函館北斗を結ぶこの車両。たった3両編成の電車が、1日に10数往復しかないのです。わざわざ電化する必要ありますか?それよりも、札幌地区で活躍?しているキハ201系を移籍させてこちらではこだてライナーとして活躍させた方が良かったのではないでしょうか?電化に必要な無駄な投資も避けられたはず。性能的にも電車とほぼ互角のハイパワーですから十分対応できると思うのですが。資金不足のJR北海道がやることとは思えず、理解に苦しむところです。
Img_6238
そして今日の目的地に向かうのはこの車両。いさりび鉄道に乗るのだけれど、JRの車両らしい。
 
Img_6239
ローカル線に必須のサボは健在です。
Img_6240
冷房が付いていないこのこの車両。車内の温度は29.1度・・・。ここは北海道のはずなんだけどね。ということでサッポロクラシックの出番です。朝からビールです。北海道の記者旅にはサッポロクラシックは必需品です。というより、これがあれば、他には何もいらない!
Img_6249
1両編成のキハ40は30分ほど走って、目的地もへじに到着。
ローカル線だと思って馬鹿にしていたら、座席は満員となり、立ち客まで出る盛況ぶり。みんな、どこに行くのだろう?
そんな私の行先をそろそろ白状しましょう。
Img_6325
茂辺地駅に貼ってあったポスター。渡道した理由はこれなんです。
北斗つながりで北斗市内に保存されることになったのですね。
当ブログでもクラウドファンドについて申し上げた通り。私も寄付した一人です。
Img_6252
茂辺地の駅前をまっすぐ突き当たりまで進んで左折して2分ほど歩くと右手に廃校となった広場が出現します。その広場の奥の方に北斗星が鎮座しています。
Img_6256
どうです、まるでユニトラックの上に乗せて展示したウェザリングの効いたオハネフとスハネ。まあ、冗談ですけど、残念ながら塗装がもうボロボロになりつつあります。早く整備しないと大変なことになってしまいそうです。
Img_6261
反対側から見るとこんな具合になっています。
プラットホームを思わせるようなデッキがあります。線路を曲げただけの車止めは最近なかなかお目にかかれなくなってしまったレトロなタイプ。
レイアウトの片隅の余ったスペースにこんな車両展示スペースを作っても面白いのかも知れません。
Img_6284
軽い式典の後で、車内に入ることができました。昔のままです。JRからの引き渡しの際の付属品にはジャンパー線もついていたようです。
準備期間が数か月しかったのに、ここまでこぎつけたことは素直に素晴らしいと思いました。今後、車両を維持することが大変だと思いますが何とか頑張ってほしいものです。
遠い場所にあるので、人的な援助はなかなかできないと思いますが、資金面での援助なら
ささやかながらではありますが今後も協力できると思うのです。でも欲を言うのなら、客車だけでは寂しいから、DD51も保存して欲しいな!また1,000万ぐらいかかってしまうのかな?
Img_6333
大変お名残惜しいのですが、帰りの新幹線の時間もあり、茂辺地滞在は約2時間で撤収です。遠くからキハ40単行がトコトコとやって来ました。
Img_6341
いさりび鉄道は海岸沿いを走ります。特に茂辺地〜木古内にかけてはこの写真のように北海道らしい海岸線をひた走ります。潮風がとても気持よいですよ! この日はイマイチな天気でしたが、晴れて入れば函館山も見える絶景路線です。
ちなみにですが、いさりび鉄道は乗り心地がとてもGOOD!とてもキハ40の走りには感じられないほどでした。数か月前まではスーパー白鳥も走っていた路線ですし、茂辺地駅の線路の様子を見てもキッチリと保線整備されているのが分かります。
Img_6345
終点の木古内は新幹線の接続駅。
駅の格に不釣り合いの細長い長大なホームが伸びています。
短いホーム屋根と言い、安っぽい跨線橋と言い、 Nゲージで再現するのに丁度良い題材かもしれません。
これで北海道ともお別れ。
再び新幹線グランクラスに乗り込み、酔っ払いの放浪記は続くのでした。(この先省略)
次は何年後に来れるのかな?
また寄りたいな、茂辺地の北斗星。

| |

« 北を目指す・・・ | トップページ | DD51をつくる10 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

大佐さま
素晴らしい娘さんをお持ちのようで、とても羨ましいです!
私は当初、日帰りが出来ないか検討したのですが、あまりのハードスケジュールに諦めました。入間基地から民間機が発着していれば全て解決できるのですが、夢のような話です。
北斗星は日曜なら、中に入れるようになるそうです。渡道する前には情報を仕入れることをお勧めいたします。ぜひ一度会いに行ってやってくださいね。

投稿: 管理局長 | 2016年8月 4日 (木) 18時19分

こんにちは。

なるほど!
北斗星に会いに行ったんですね\(^o^)/

自分も1泊2日で行こうかなって思ってます。

行きは、新幹線で、函館・大沼公園等で撮影して、その日の内に札幌へ移動して、翌日札幌周辺で撮影後、千歳空港から飛行機ってパターン!!
飛行機は、娘の会社の社割で弁当1個分で乗れます(^-^)/

投稿: 大佐 | 2016年8月 4日 (木) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の御対面・・・:

« 北を目指す・・・ | トップページ | DD51をつくる10 »