« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月27日 (月)

ながまれ号がやってきた!

年度末駆け込み入線組の1発目です。
道南地区代表の「ながまれ号」が入線しました。
実物には、昨年の7月に対面しております。
Img_6183
濃紺の車体にいさり火をイメージした模様が特徴です。
塗装以外はキハ40のままであり、イベントに使用されることも多いはずなのですが非冷房仕様のままという燃費重視の究極のエコカーです。道南地区でも結構夏は暑いはずなんですけどね・・・。
では、トミックスから発売となったながまれ号はどうでしょう?
Img_8717
造形には何ら問題があるとは思えません。
色具合は、模型の方が少々青味が強いかな?と感じる程度。でも、私が撮った写真が曇り空だったから違って見えるだけなのかも知れませんね。細かな模様もよく印刷されていると思いました。
Img_8715
道南いさりび鉄道は海に面した高台の上をよく走ります。当レイアウトには海はありませんが、いさりび鉄道の高台の上の路線をイメージして列車を配置して入線記念撮影です。
実はこの車両、付属品を取り付けただけでなく、物足りない部分を少しだけいじっています。
けど、この写真では細かすぎてわからないかも知れません。
結構肩が凝る作業なので「ながまれ=のんびり、ゆっくり」と無理なく攻めてみたいと思います。1両先行して仕上げて、標準仕様との差を比較してみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

微妙な進化を続けています

昨日は好天ではあったものの、スギ花粉は予報に反してほとんど飛ばないという良い日でした。
 
これなら窓を開けられるぞ!ということで、この時期には遠慮しているニオイのキツイ塗装作業を行ってみました。
 
まずは、作業後の全景です。
Img_8692
どこを攻めてみたか恐らく判るまい・・・
先日完成した4番線の転落防止柵ですが塗装が進んでいないので、今一つその存在が目立ちませんでした。
 
作業前の様子です。
Img_8690
 
ずっと前に施工していた区間を除いて、プラ地むき出しの姿でした。
 
このままでは、単なるコンクリート柵と一緒に見えてしまいますので、既施工区間と合わせるべく白塗装を行いました。
 
作業後の様子です。
Img_8691
筆塗りなので、かなり時間がかかります。ホーム面にはみ出ないように慎重に作業を進めます。
まだ全部塗り終わってはいませんが、塗装した部分とプラ地の部分の見た目の差は明らかです。
今回設置した柵は金属製の転落防止柵のつもりでおりますので、やはり何らかの塗装をしていないと不自然に感じてしまいます。
天気が良くて、花粉が飛ばない日を狙って塗装を続けてみたいと思います。
そんなことをしていたら、新入りの車両が2編成も届きました!
こりゃ、入線整備が大変だ、ということで今日はここまでです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

ポイントまわりを黒くしてみる

線路まわりを自然な感じに汚しています。
 
まず、今日の作業前の状態です。
Img_8673
先週の作業で随分と茶色くなってしまいました。
塗料が乾くと茶色い部分が目立ってくるようです。
対して、本日の作業後の状態です。
Img_8674
違いは一目瞭然ですね。
ポイント駆動部周辺を重点的に黒くしてみました。
使用したのは茶色に続いてアクリルガッシュ。
色はジェットブラック。
改善の余地があるのは百も承知。
正直言って正解がない汚し方であり、たまたま私が参考にした写真がこんな感じて汚れていた、というだけのことなんです。
見る人によっては、こんな汚れ方しない!という人もいるのでしょうけれど、私は油臭さが少しでも伝わってくればイイや・・・という軽い気持ちで汚しております。
少しは見栄えがよくなったのかなあ。
塗料が完全に乾燥したら、また見え方が変わってくるのでしょうけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

転落防止柵の設置

やっとのことで、ホームへの柵の設置が完了しました。
Img_8601
設置前はこんな感じで柵が歯抜けになっていました。ただ単にトミックスの製品が手に入らなかっただけのことなんですけど、かなりマヌケな状態でした。
Img_8602
やっとのことで柵を入手しまして、見た目を統一することができました!
間抜けな見た目もこれで解消されます。奥の部分と同様に白く塗装すれば統一感も増すことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

線路まわりを塗ってみよう

昨日の線路側面塗装に続いて、今日は線路まわりのバラストを汚してみます。
まずは、今日の作業前の様子。
Img_8603
バラストを撒いて固着しただけという、このあたりと、
Img_8604
このあたりの、ポイント3基の周辺を汚してみたいと思います。
やり方は非常に簡単で、アクリルガッシュの茶色でひたすら汚すだけ。
Img_8609
上空から眺めるとこんな感じになります。
グレー一色だったバラストの線路まわりに茶色が乗りました。
写真ではこのように茶色がかなりはっきりと見えるのですが、実際に自分の目で見るとそれほど茶色は濃く見えません。カメラの性能上の問題なのでしょうか?
では駅の跨線橋から眺めたとしたら・・・
Img_8612
うーん、今回塗装した区間がはっきりわかります。
ポイント駆動部の黒い油汚れとなる部分については現在ノータッチで地の黒色がそのままとなっています。今日は時間の都合で黒塗装までできなかったのですが、これを行うと見栄えが良くなるのでしょうね。
続いて駅に進入する列車の運転士目線だと・・・
Img_8608
それなりに、イイ感じになってきているように思えます。
今日塗装してみて感じましたが、木枕木の区間よりPC枕木の区間の方が塗装が難しかったです。茶色く塗りすぎてしまうと不自然になってしまうので、塗装する濃さと範囲には十分な研究が必要なようです。完全な新規開業路線であれば、線路側面だけ茶色くなっているだけで十分なようですし、それなりに年月が経過している場合には、それ相応に鉄粉とサビが周囲に影響を及ぼしているのが当たりまえでしょうから。要は自分がどんな路線をモデルにしているかということがブレないようにすることが大事なようです。北海道の石勝線あたりをモデルにしているので、コンセプトは明確なはずなのですが、問題なのは腕前か・・・。こればかりはひたすら努力するしかないのでしょうね。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

ひたすら、ヌリヌリ・・・

今日も肩こりの激痛に耐えながらレール側面の塗装を行いました。
レイアウト製作は楽しいものですが、唯一レール側面の筆塗り塗装だけは、何度やっても好きになれません。エアブラシで行えば楽にできるのかも知れませんが、閉め切った部屋の中で有機溶剤のにおい全開というのはどうしても好きになれません。
まずは、レイアウトの全景を・・・
Img_8585
プラットホームの大部分を大胆に取り外しました。
実は駅構内のレールの大半は塗装を行っていませんでした。
Img_8568
こんな感じで、ホームに隠れてしまう部分はあまり見えないから塗装を後回しにしておりました。でも見る角度によっては、ギラギラ輝いてしまって不自然です。
Img_8589
そこで、レール側面の塗装範囲を大幅に拡大してみました。
奥にある1番線はバラストを散布した都合もあり、本日は未塗装のままですが来週あたりには塗装してしまいたいです。2・3番線は今日塗装を行い、落ち着きのある雰囲気になりました。
Img_8587
ついでの作業ですが、2番線のバラストと枕木を茶色に塗装してみました。
使用したのはレール側面にも塗ったアクリルガッシュの茶色。
やってみてわかりましたが、コレは非常に効果的でした。
PECOの木枕木フレキ線路は、枕木の色が黒であり不自然この上ありません。
これを鉄さび色に近い茶色に塗装するわけですから、現実の線路の状態に近づくわけですね。とりあえず今日は茶色に塗っただけですが、赤や黒をうまく塗り重ねるともっと実感的になるのでしょうね。もう少し実物を勉強しないとダメですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

私鉄電車を楽しむ

久々に、レイアウト走行を楽しんでみました。
今回は最近走らせる機会に恵まれなかった私鉄の車両達を選んでみました。
まずは地元西武を代表して5000系
Img_8536
ちょとピンボケになってしまいました。
続いて近鉄を代表のしまかぜ
Img_8537
ごつい先頭部が特徴のこの車両。いつか乗ってみたい、と思わせてくれる観光特急としての魅力がイイですね。
続いてメトロ代表の01系
Img_8539
ご存知かと思いますが、この車両もあと数日でラストランを迎えます。
今日も普通に走っているのを見かけたんですけどね、いなくなっちゃうんですね。
ついこの間登場したばかりだと思っていたけれど、いつの間にやら30年近く走っていたらしい。まだまだ走れそうな気がするけれど、仕方ないのかな。どこか海外に輸出されて第2の人生を送ることになるのかな?なんとなく興味津々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

少しずつ、レイアウト製作を再開しています

選手から少しずつですがレイアウト製作を再開しています。
今日の作業終了後の状態から。
Img_8540
この写真だけではわからないような・・・
Img_8530
今日いじった部分の施工前の状況。
Img_8533
施工後の状況。
赤い花と紫の花を植え付けたのは一目瞭然ですね。
その他にも、線路の側面の塗装範囲を拡げてみました。
使用したのはアクリルガッシュの茶色。
有機溶剤を使用していないので換気の必要がありません。
天気は良いのですが、花粉症の私はこの時期そう簡単に窓を開けるわけにはいきません。
暖かくなってきましたので、乾燥も比較的早いですが、筆塗りのため肩こりと相談しながら少しずつ塗装範囲を拡大していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »