« キハ54、流氷物語号が入線しました | トップページ | キハ183系特急サロベツに手を加えてみる »

2017年8月27日 (日)

流氷物語のカプラーを交換しました

前回に引き続きキハ54の小ネタを。
他形式と連結すべく、ドローバーとダミーカプラーを交換しました。
方法は色々なサイトでも紹介されいますので、細かいことは省略します。
白い方の車両に取り付けた具合がこんな感じになりました。
Img_9474
間が抜けた感じだった連結器まわりの隙間が軽減され、少しは見られる状態になったと思います。使用したTNカプラーはJC6352。垂れさがったジャンパー線がよい雰囲気であると、一人納得しています。車体のジャンパー栓から垂れ下がった線も表現してあげたら、もっと立体的で良い表情になるでしょうね。

見た目は良くなっても、ちゃんと連結できないと話になりません。
実際に連結してみると、このようになります。
Img_9476
なかなかの密着感と言いましょうか、ジャストフィットと言いましょうか・・・。
コレ、連結器の出入りを結構調整した結果なんです。単純に付け替えるだけだと、スカートが妻いっぱいまで出ることになり、結果としてスカートが上手く車体に納まらなくて垂れ下がることになります。スノープローが線路に当たってまともに走らなくなってしまいます。写真のように元通りの位置にスカートを付けるには、多少加工が必要なので要注意でした。
とりあえずはこれで、見栄えも良くなったことだし、良しとしましょうか。

| |

« キハ54、流氷物語号が入線しました | トップページ | キハ183系特急サロベツに手を加えてみる »

キハ54系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流氷物語のカプラーを交換しました:

« キハ54、流氷物語号が入線しました | トップページ | キハ183系特急サロベツに手を加えてみる »