« キハ183系500番台北斗に手を加えてみる1 | トップページ | 紙粘土の力は恐ろしい »

2017年10月 1日 (日)

4か月ぶりのレイアウト製作

猛暑が過ぎ去り、ようやく秋らしくなってきました。
今年の夏のレイアウト製作の進捗はほぼゼロ。
レイアウト部屋が暑すぎましたし、仕事も忙しすぎました。
少し涼しくなって気分も良くなりましたし、近くのスーパーでこれも見つけてしましました!
Img_9794_4
ご存じ、サッポロクラシック!
埼玉ではなかなかお目にかかれないものです。
マイルドな感じが大好きなのです。
ほろ酔い気分で、がぜんヤル気が出たところで、久方ぶりにレイアウトに手を出してみました。

近くの100均に寄ったときに、面白いものを見つけまして、試しに一つ購入してみました。
その名は、ナチュラルモスマット。直訳すると、自然のコケの敷物、となるのでしょうけど、私の眼には「地面付きの雑草」にしか見えません。
Img_9781
約10㎝四方の大きさで、特に嫌な臭いもないのでコレは使えそうです。


Img_9784
製品は、そのままレイアウトで使用するには少々厚みがあるようなので、裏返してベースの茶色い部分を約半分の厚みになる程度にむしり取りました。


Img_9783
今回は試験施工ということで、駅のすぐ脇の部分の死に地のようなところで様子をみます。


Img_9785
何も悩むこともなく施工は完了しました。
ハサミで適当な大きさに切断して、木工ボンドで貼り付けるだけです。
継ぎ目や生え際の処理は今後の課題としても、決して悪い仕上がりには見えません。


Img_9788
運転手目線だとこんな感じで見えるはず。
特に違和感を感じませんので、生え際の処理さえうまく行えば、十分実用に耐えるものと言えるでしょう。
これまでにも経費節減のため、100均製品を多用してきました。
木工ボンド、ガムテープ、紙粘土は何回も買い増ししています。
その他にもアクリルガッシュや画鋲、両面テープ、綿棒などもそうですね。
このレイアウトは100均なしでは成り立たないようです。
久々に100均で見つけたレイアウト用品、売り切れる前に買い増ししておきたいと思います。


|

« キハ183系500番台北斗に手を加えてみる1 | トップページ | 紙粘土の力は恐ろしい »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

大佐さま
お久しぶりです!
お互いに、ビールを呑んで頑張りましょう!
ウカウカしていると、すぐに冬が来てしまうので、まとめてある程度の作業量は片ずけてしまいたいと思います。
HOは迫力があって良いですね。
お値段の方もケタ違いの迫力のようですが。
自分もお金持ちに生まれていたら、やってみたかったです。

投稿: 管理局長 | 2017年10月 2日 (月) 19時01分

こんにちは。

自分もこの夏は一切モジュールに手を付けてません(笑)
HOゲージに力を入れてました。

我が家もやっと涼しくなって来ましたので、ソロソロレイアウト製作を進めようかと(笑)

投稿: 大佐 | 2017年10月 2日 (月) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/71860054

この記事へのトラックバック一覧です: 4か月ぶりのレイアウト製作:

« キハ183系500番台北斗に手を加えてみる1 | トップページ | 紙粘土の力は恐ろしい »