« 紙粘土の力は恐ろしい | トップページ | 裏側の擁壁を作る »

2017年10月 3日 (火)

裏の方を攻めてみます

今日は普段あまり見えない背面の方を攻めてみました。
Img_9823
まずは、トンネルの出口付近の頭を発泡スチロールで塞ぎます。
これでやっとトンネルらしくなります。


続いて、背面ののり面の下地仕上げです。
Img_9825_2
うーん、かなり急なのり勾配です。1:2ぐらいのきつい勾配でしょう。
鉄道を通すには何らかの補助工法が必要とされるのり勾配です。
が、線路の配置上このようになってしまったので、何らかの策を考えるしかありません。
さらに問題なのは、写真の右下の方に続く線路の脇の処理。
トンネルにしてしまうのが一番簡単ですが、それはあまりにも発想が安易すぎるでしょう。
私は土木屋の端くれでもありますし、何か良い案がないかと思案中です。



レイアウトの全景はこんな感じです。
Img_9789_3

数か月前とあまり変わり映えしませんが、少しずつ制作を進めて行きたいと思います。





| |

« 紙粘土の力は恐ろしい | トップページ | 裏側の擁壁を作る »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏の方を攻めてみます:

« 紙粘土の力は恐ろしい | トップページ | 裏側の擁壁を作る »