« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月28日 (日)

東急7000系に室内灯を付けました

東急7000系に室内灯を取り付けました。
室内灯は純正品を使用せず、テープLEDを使用したものを取り付けています。
転がりの悪い台車にプリズムの重さなど、少しでも負担を掛けたくなかったからです。
付けた様子はこのようになりました。
Dsc04853
うーん、日中に部屋が明るい状態で写したので今一つの画像になってしまいました。
実際に肉眼で見ると結構明るいので満足しております、と付け加えておきます。
ただし、問題がひとつ判明。
この車両、あまりにも転がり抵抗が大きすぎです。
8両編成では、内周線の坂を登り切ることができません。6両が限界ギリギリでした。
ということで、写真を撮ったこの位置まで登ってこれない東急7000系…。
多分、色々なレンタルレイアウトでも勾配で悲鳴を上げていることでしょうね。
これは是非、勾配線用の動力ユニットを発売してもらいたいものですが、KATOさんにも結構苦情が入っているのではないでしょうかね。
とりあえず、私のレイアウトでは外周線専用車両となりそうです。
軽量なテープLEDにする必要はなかったのかも知れません…。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

東急7000系が入線しました

今年1発目の入線は、カトーの東急7000系です。
同社のレジェンドシリーズ第9弾。私にとっては381系、小田急ロマンスカー、711系に次ぐ第4弾となります。
ジョーシンさんの通販で、半額で買うことができました。発売されてからしばらく経過している製品ですし、初のオールステンレスカーとは言え、711系と同様にやはり地味な印象はぬぐえません。東急ファン以外にはそれほど人気のない製品だったのかも知れませんね。結構在庫があるみたいですし。おかげで半額で購入できたわけですけどね。
では早速試運転!
Dsc04789
 
東急の車両は詳しくないので、実車と比較は私にはできません。
でも何となくイイ雰囲気に感じます。 室内灯を入れてあげると見栄えが大層良くなることでしょう。
ステンレスの塗装はやや艶を押さえすぎの感もありますが、派手過ぎずコレもありなのかと思います。
Dsc04793
特徴あるパイオニア台車も綺麗に再現!クルクル回るディスクブレーキは動画でお見せしたいほど。ただ、このクルクルを再現したために、特殊な台車構造となってしまい、カトーの特長である軽い走りを失うことになりました。リレーラーで転がしてもいつものようには転がってくれないのです。まるでかつてのトミックスの車両のようです。
動力はどうなのかと言えば、とにかくウルサイ!最近のカトー製品は、SLを除いて本当にモーター音がうるさくなりました。他社が静かになっていくのに逆行するかのようです。この点は非常に残念でなりません。スローから高速までスムーズに変化するのは良いのですが、音がこれではやや興ざめです。
ライト類は綺麗に灯ります。問題ないと思います。
東急マークやシルバーシートのマークは印刷済み。車番も印刷済みです。
 
添付シールを貼って記念撮影!
Dsc04811
車番を調べたところ、日比谷線乗り入れ仕様の車両ではないことが判明しましたので、急行運用の桜木町行に仕立てました。
 
Dsc04815
大方のシールは問題なく貼り付けることができましたが、側面のサボはどうにもうまく行きませんでした。説明書によれば、サボ取り付け用の突起が4本出ている上にシールを貼り付けるような形になるのですが、コレはどうにもうまく行きません。ネットでもどなたか上手に貼れている方がいないか作例をさがしましたが、探し出すことはできませんでした。
仕方なく、シールに平面的なゆがみが生じるのを覚悟で、車体側に張り付けるようにしましたが、時間の経過とともにシールが浮いてくるようです。今は綺麗に張り付いているように見えるものの、ケースに保管している間に、こすれている面のシールははがれてしまうだろうなあ、と予想しております。
昭和の匂いがプンプンと漂うような車両ですが、当線ではバリバリの新車です。今後は室内灯設置、若干のウェザリング等を行って末永く可愛がってあげたいと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

オリエント急行

新年の初運転です。
Dsc04787
インフルエンザの後遺症はまだ残っていますが、体調は随分と回復しました。
やっとのことで、今年初の鉄道模型の運転までこぎつけることができました。
 
今年の1番列車はオリエント急行です。
なぜオリエント急行なのか?
実は先日、オリエント急行殺人事件を映画で見ました。
そういえば、オリエント急行をもっていたよなあ、という単なる思い付きで走らせてみました。
KATO製のオリエントエクスプレス88のフル編成13両を久々に引っ張り出しましたが、やはり良いですね。優雅です。綺麗な塗装が何とも言えません。
 
今回は、北海道で見られたであろうDD51重連での牽引にしてみました。D51-498の単機では、当レイアウトの内周線の勾配はとても登れませんので。パワー重視ということで必然的にDD51の重連となりました。
KATOからゴハチの61号機の再販がアナウンスされておりましたので、通販にてポチっと購入の意思表示をしておきました。
色々な電機に牽かれたようですが、客車の古さと対抗できる貫禄のある電機はEF58-61ぐらいかなあと思った次第です。発売が楽しみです。
それにしても、レイアウト製作が全く進みません。ヤル気がないわけではないのですが、やろうとすると何やら横槍が入ることの繰り返しです。今年こそは完成を目指して頑張りたいものです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

遅くなりましたが、新年のご挨拶…

 本来であれば、年末・年始にブログを更新しているはずだったのですが、年末にインフルエンザを患いまして、やっと体の調子が戻って今に至ることができました。
腑抜けのような寝正月をまさに絵に描いたような日々を過ごすことになり、とても鉄道模型いじり、などと言っておられる状態ではありませんでした。
 今年に入ってからは鉄道模型に関しては何の活動もしておりませんので、年末に入線していた2両について今日は書きます。
 まずは、トミックスのDE10ノロッコ号。
Img_0618
 機関車だけ発売になって客車は発売になるかどうかわからない例の品物です。メーカーだけが人気投票で盛り上がっていますが、ユーザーの側からするとあまり有り難い販売方法ではないように思います。人気がない機関車を買わされたら、客車は無しで我慢しろ、というつもりなのでしょうか?機関車があれば、やはり客車も欲しいですよね。もう少し、安心して購入できる販売方法を考えて欲しいものです。
 製品は定評あるDE10そのものですから、走行性能等まったく問題なしです。ナンバーが選択式ですが、前後に付ける分が少しきつくてはめにくかったことぐらいが少々残念でした。塗装にもにじみはなく綺麗な製品だと言えると思います。ぜひ、客車の発売をお願いしたいものです。
 続いてカトーのD51標準型長野式集煙装置つきです。
Img_0628
うーん、よいシルエットです!
一体何両目のD51になるのでしょう?
何両手にしても、もはやこれは芸術品、とため息が出そうな出来です。
Img_0624
だれもがD51と言って思い浮かべる顔そのままですね。某メーカーとは違って「安心して見られる顔」です。たとえ走らせることができなくとも、何時間でも飾って見ていたくなる機関車とでも言いましょうか…。
 
Img_0627
最大の特徴である集煙装置もよく出来ております。さすがです。
走行性能は、超スローから低速重視でよく走ります。見た目だけでなく、走行性能も備えた最高のSLと言っても過言ではないように思います。山岳路線を模した当レイアウトには似合う機関車ではないかと思われます。貨物だけでなく、のんびりとした普通列車も牽かせてあげたくなります。早くレイアウトへの本格デビューをさせてあげたいものです。
 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »