« さらに手抜き工事 | トップページ | KATOキハ283系リニューアル工事(その5) »

2018年3月18日 (日)

Sトレインに乗ってみた

数日前の金曜日に、初めてSトレインに乗ってみました。
ほろ酔い気分で乗ってしまい、写真を撮るのを忘れました。
そのため今回は全編文字だけということでご容赦ください。
個人的な感想の羅列です。お気に召さない場合は、読み飛ばしてください。
豊洲発20時ちょうどの所沢行きに乗車。新木場で所用がありまして、その帰り道です。
豊洲の駅で列車を待っていると、発車5分前ぐらいに折り返し線にSトレインが入線してきました。末尾4番なので、だい4編成なのでしょうか?とにかくピカピカの新車、と言う感じでした。
中に入ると、新車の匂いがプンプン。内装も床もまだ汚れなし。新しい電車に乗れて、得した気分になります。
 
発車間際に、新木場方面からの列車に接続して定刻に発車。でも、車内はガラガラです。乗車率は1〜2割程度で、閑古鳥が鳴いています。有楽町と飯田橋で乗り込んでくるのかも知れない、とこの時点では思い込んでいました。
列車は、超ノンビリと有楽町線内を止まらずに進みます。まともに走れば、先行電車にすぐ追いついてしまうわけですから、運転手さんも速度調整が大変でしょうね。遅いとは言え、地下鉄内を通過運転する列車には滅多に乗り合わせることがない私。通過する駅では、列車待ちのお客さんが、物珍しそうな様子でこちらを見ております。かつて北斗星に乗った時も、こんな感じで見られていたよな、と思い出しました。
順調に有楽町、飯田橋と停車しましたが、乗客の追加はほんの少々・・・。クロスシートの席に座っていますが、隣は空席のまま。これ以降の停車駅は、降車のみと言うことで、本日の乗車率は3割程度でしょうか。「空気輸送」という言葉がぴったりです。
次の停車駅は、時刻表上では石神井公園となっていますが、小竹向原と練馬には運転停車します。乗務員の交代や信号設備の切り替えがあると、車内放送で言い訳しております。どちらか一つの駅でまとめてやって欲しいものです。この2駅の他にも、実はもう1か所停止するところがあります。それは、池袋駅の手前。当初は池袋を通過する列車として話題になったこの列車。確かに池袋駅のプラットホームは通過しますよ、ノンビリとね。けれど、先行列車が池袋に長い時間停まっているものだから、当然この列車も池袋駅の手前で駅で客扱いするぐらいの時間停車することになるのですね。追い抜きができないから、仕方ないのかも・・・。
小竹向原を過ぎ、西武線内に入るとややスピードが上がります。列車間隔が開くので走りやすいのでしょう。練馬の手前でやっと地上に出ます。練馬を通過すれば1分短縮できるのにね、と思いながら運転停車中の列車は発車。隣には各駅停車の姿が見えますが、この列車と接続しているわけでもないので意味がない。
この先は短いながらも複々線を進みますので、ソコソコスピードを出します。すぐに初の降車駅石神井公園に到着。ここで隣に各駅停車が滑り込んで来ました。接続列車としては、なかなかのタイミングです。降車客はすくないので、すぐに発車しすぐに保谷に到着。ここでも準急が退避しておりました。かつての保谷駅は車庫を併設しているものの駅の規模が小さく、追い抜きなどできるものではありませんでした。それがいつの間にかホームが増え、追い抜き可能となったのですね。どんどん便利になる池袋線と、どんどん世間から取り残されていく新宿線。こんなところにもはっきりと待遇の差が表れているのでしょう。
保谷でもあまり降りる人はいません。列車はすぐに発車し、終点の所沢を目指します。結局、大半の人が所沢まで乗り通すみたいです。何事もなく、ダイヤ通りに所沢に到着。メデタシ。
金曜日夜ということで、酔っ払いが多く乗っているのかと思ったらガラガラでした。これ、月-木曜日だったらどうなんでしょう?もっと乗客が少ないような気がします。
Sトレインは不人気、とよく聞きますけど、正直ここまで不人気とは思っていませんでした。
料金は510円と、決して安くないのにシートはリクライニングなし。豊洲から所沢まで約1時間、あのシートで有料では、さすがに疲れるような気がします。有楽町線内は各駅停車とほぼ同じペースで速達性はまったく感じることもできません。停車駅も限られ過ぎていて、結構不便なように感じられます。素人目にみても、あまり必要性が感じれらる列車ではなかったです。多分、もう別料金を払ってまで乗ることはないでしょう。通勤電車としては良く出来た電車だと思いますが、何か使い方を間違えているような気がしてなりません。
今回のダイヤ改正では、Sトレインの運行本数は増えましたが、このままでは次回のダイヤ改正で消滅してもおかしくないでしょうし、無くても不便になる人がいるとも思えません。現行ダイヤとほぼ同じ時間帯で、西武線内急行運転で無料の列車を走らせてくれた方が、乗客には便利だと思います。どうしてもお金を取りたいなら、有楽町線内に待避線を作ってスピードアップするしかないように思いますが、無理だろうな・・・。
以上、あくまでも個人的な感想でした。

| |

« さらに手抜き工事 | トップページ | KATOキハ283系リニューアル工事(その5) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sトレインに乗ってみた:

« さらに手抜き工事 | トップページ | KATOキハ283系リニューアル工事(その5) »