« 夏休みですね | トップページ | スペーシアにスミ入れする »

2018年8月17日 (金)

レンタルレイアウトにて

去る14日、トコ電さんに行ってきました。
9時から3時間ほど走行しましたが、私の他にも4人おれれ、皆さん熱心に走らせておられました。
今回は、普段から車両整備を行っている時間があまりなかったので、走行性能に信頼がおけるカトーとトミックスの製品のみを持参することにしました。
今回使用したのは3番線。
単線非電化という設定なので、本来はローカル色豊かな車両が似合うはずですが、電車しか持って行かなかったので、その辺は気にしないことにします。
Img_1555
まずは、カトーの885系。
私が撮影場所として1番気に入っている所で写しました。
振り子のクネクネ感が感じられる1枚です。
室内灯が入っているのですが、この写真だとわからないのが残念なところです。
Img_1556
計続いて国鉄183系1000番台。
内房線の単線区間の急カーブのイメージでしょうか。
特急でありながら、ノンビリと走っている様子が思い浮かびます。
バックの緑に特急色は良く映えます。
Img_1560
ココからは私鉄編。
東武鉄道100系スペーシアが鉄橋を渡ります。
紫色が渋いです。
登場時のオレンジの方が好きなのですが、紫に乗車したのでこちらを購入しました。
Img_1564
続いて西武鉄道5000系。
秩父線をノンビリと走ったこの列車のイメージにぴったりのような写真になりました。
白い車体は緑に映えます。
Img_1565
今回、どうしても持って行きたかった小田急3100形。
連接車+急カーブは鉄板の組み合わせのように思います。
違和感のないクネクネ感が堪りません。
Img_1575
西武代表はもうひとつ。
現在の普通車のフラグシップと言える40000系。
Sトレインや拝島ライナーで有料着席サービス列車として走っております。
Img_1579
こちらは、赤い暴走族の京急2100形。
京急も末端区間は単線だったような気がしますが・・・。
こんな景色が実際に沿線にあるのかはわかりませんが、赤い車体は山の中でも十分に目立つ存在です。
Img_1583
ここからは、関西編です。
最初は近鉄のしまかぜ。
大きな窓とその塗装からリゾート列車の雰囲気が満点です。
いつかは乗ってみたいなあ、と思わせてくれる列車です。
Img_1586
もうひとつ近鉄から。
アーバンライナープラス。
30年ほど前の登場時にもかなり人気があったと思います。
今見ても色あせないデザインはなかなかなものだと思います。
こちらの車両もかなりの高速運転を行うとか。
いつか名阪特急に乗ってみたいものです。
Img_1590
ラストを飾るのは阪急9300系
好きな車両なのですが、写真に撮ると映えない・・・。
茶色の車体色は緑には吸収されてしまうのでしょうか。
阪急自体が都会的なおしゃれなイメージの路線ですから、ローカル線を走らせた私が馬鹿なのでしょう。
次回は都会的な路線で走行させてみましょう。
今回は10編成走行させました。ほぼ、私鉄特急大会のようになってしまいました。
次回は、落ち着きのある国鉄メインの車両選びも良いかも知れません。
もしくは、地元西武オンリーとか。
色々楽しみ方のあるレンタルレイアウト。
次に行けるのはいつかなあ?

| |

« 夏休みですね | トップページ | スペーシアにスミ入れする »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンタルレイアウトにて:

« 夏休みですね | トップページ | スペーシアにスミ入れする »