« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

185系200番台が入線しました

ココログがリニューアルしてしまい、戸惑いながらブログを更新しています。

今年の第2弾の入線はトミックスの185系200番台です。

Img_2101

この製品、買った方も多いのでは?

同社の185系と言えば、私が鉄道模型を始めた頃にはファーストセットの高級品にセットされていた車両です。

当時の価格で2万円ぐらいのセットだったと思います。

お金に余裕がない私は、当然のごとくCタイプディーゼルのセットから始めました。

あの頃花形だった車両を現代の技術でリニューアルさせての登場となった今回の製品はどのようなものなんでしょう?

Img_2107

面構えはこんな感じ。

形はこれまでのどの会社の製品よりも似ていると個人的には思います。

最後発なんだから当然なのかもしれません。

特急エンブレム、信号煙管、列車無線アンテナはユーザー取り付けです。

ジャンパ栓は形状が選べます。

ヘッドマークははめ込み式のもの。印刷はキレイですが、表面に透明カバーがないので不自然に見えないこともないです。

写真ではわかりませんが、列車番号掲示箇所が光ります。

実車も光るのでしょうか?仮に光ったとしても、模型で光らせる意味ってあったのかなあ?と思うギミックです。

Img_2113

先頭車の側面です。

塗装は、それなりです。

ドア下の靴ズリも、実車は多分銀色なんじゃないかと思うのですが、いつものようにそんなことはお構いなしです。

また、当然のごとくATS等の車体標記類の印刷は一切なし。ある意味、潔い…。

Img_2116

サロの横顔。

特徴ある、金色の窓枠も再現されています。

ですが、先頭車も同様ですが印刷が太すぎるように感じます。

もう少し、シャープな表現でもよかったのではないかなあ。

Img_2112

クーラーはサロ以外は銀塗装されています。

サロは、ファンの形状が違うんですね。そんな細かいところまできちんと再現されています。

Img_2111

パンタ周りは、可もなく不可もなく。

まあ、こんなもんでしょう。

ハイグレード仕様を謳っていますが、行先シールも付いていませんし、塗装にも相変わらずカスレがあったりします。

細かいことはわかりませんが、全体の印象把握はとても良く感じる製品なのですが、いつもの通り攻めが一歩足りないような気がしてなりません。

走行性能はスローから高速まで素直に良いと思いました。

かつてのトミックス製品は、T車の転がりが異常に悪くて緩い勾配でもロクに登れない有様でしたが、数年前からそのような製品は無くなっているようです。

今回は7両編成なので、我が家のレイアウトの勾配であればラクラクと登ってくれます。

室内灯を装備して、重量増となっても余裕ありでしょう。

この製品が出るということは、次はリレー号等で活躍した塗装の車両が出るのでしょうね。

踊り子号には乗ったことが無いですが、草津号には乗ったことがあるのでそちらの製品化を望みたいところです。

| | | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

急行電車を久々に走らせてみました。

最近やっと寒さが和らいできました。
それと引き換えに、花粉症は最盛期。
表に出る気にもなれません。
仕事も忙しく、最近は目を酷使しているようで、小さい物・細かいものを見つめると気持ち悪くなることがあります。
鉄道模型の細かな部品なんてもっての他の状態なので、なかなか辛い状態が続いています。
そんな時には無理はせず、走らせて楽しむのが一番ですね。
今日は、急行電車を引っ張り出してきて走らせました。
Img_2093
まずは、トミックスの455系7連。
東北本線を走った急行をイメージして編成していますが、列車を特定しているわけではありません。
初期のハイグレード製製品のため非常に転がりが悪い車両です。
他社製の室内灯を付けていますが、久々の登場のためかちらつきが激しかったです。
時期を見て、台車周りのオーバーホールをしてあげたいと思います。
モーターは快調でした。
Img_2092
続いてはトミックスの165系8連。
上越線・中央線あたりを走っていた急行電車をイメージしていますが、列車を特定しているわけではありません。
455系と同様で、転がりが悪いです。
他社製の室内灯を付けていますが、こちらも久々の走行なのでちらつきが激しいです。
こちらもオーバーホールが必要ですね。
Img_2097
駅に集合。
架線柱がないので、どこか不自然ですが、そこは気にしないことにします。
かつての国鉄を代表する急行電車たち。
活躍した期間は決して長くはなかったけれど、記憶に残る車両たちです。
455系と思われる急行に上野から盛岡まで乗って、母の実家に帰省したこともあったよなぁ。
そんな記憶が蘇りました。
上のように直流と交直流の電車が並ぶ区間は限られてしまうのでしょうけれど、東北本線のどこかでこんな光景が見られていたのかも知れません。
懐かしい車両を走らせて楽しめるのが鉄道模型の良い所ですね。
もう少し整備して、たまには貸レで走らせようかなぁ。

| | | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »