« 2019年3月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年5月

2019年5月19日 (日)

グリーンマックス 西武新2000系に手を加える

5月初の連休を取ることができました。

3月ごろに手を加えた西武新2000系についてアップします。

まずは、手を加える前の状態。

Img_2070_1

まあ、コレでもソコソコの雰囲気です。

一応、優先席・行先表示・乗務員室のステッカーを貼っています。

でも、本物の車両と比べると何かが足りないです。

そこで、その何かを加えてみました。

Img_2077_1

その何かは、ドア窓のドア挟まれ(引き込まれ?)注意の表示です。

某社のインレタを貼り付けました。何が書いてあるのかわからないぐらいのレベルの品物ですが、

そこに何かが貼ってあること自体が大事なんだと思います。

数が多いですから、小さなインレタでも結構目立つものです。

そしてよーく見ると気が付くかもしれませんが、優先席のシールも現在使用されているものに交換しています。

GMのシールは以前使われていたものなんでしょうか?いつも乗っている西武線の電車では見かけません。

6両に施工し、レイアウトで走行!

Img_2120_1

戸袋窓まであって、もともと賑やかな側面の雰囲気を持つ西武新2000系ですが、

今回の施工でさらに賑やかさを増した気がします。

ちなみに、6両編成の各停本川越行きは先日のダイヤ改正でなくなってしまいました。

国分寺~本川越間を往復していた列車だったのですが、東村山駅の工事にともなって休止だそうです。

本線上では6連の各停は見られないようですが、東村山~国分寺間ではいつも通り走っていますので、

6連運用の2000系に興味のある方は早めに撮影された方が良いでしょうね。

| | | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

トミックス185系200番台に魂を入れる

忙しい、忙しすぎる。

4月があっという間に過ぎていました。

今年のゴールデンウィークは休みが飛び石で3日しかありませんでした。

どこにも行けず、何もできず…。空しいです。

その3日間のうち、2日間で何とか鉄道模型をいじることができました。

『魂を入れる』とは大げさな言い方かも知れませんが、車両にステッカーを貼ったり室内灯を付けたりすることを私はそのように称しています。

お題目にあるように、前回ブログの続きでトミックスの185系200番台が今回の対象車両です。

まずは室内灯の取り付けから。

Img_2140

純正室内灯の狭幅の白色を素直に取り付けました。

多少値が張りますが、忙しすぎる私のような者にとってはポン付けできることが何よりも有り難いです。

新車でもありますので、今のところちらつきもなくきれいな状態で走行しています。

続いて行先表示などのシールの貼り付け。

コレをやるやらないで、模型の生死が分かれると言っても過言ではないと私は考えます。

どんなにキレイな車両でも、側面の行先表示がポカーンと開いていたら何とも間抜けな回送電車にしか見えません。

なのに、トミックスはハイグレード仕様の車両であっても行先表示が付いていることは稀です。

今回の185系も従来通りの仕様であり、非常に残念としか言いようがありません。

かといって、指をくわえて見ているのは何とも悔しい限りなので、いつも愛用させてもらっている美軌模型店さんのルクス185系用を用意しました。

7両編成を仕上げるには2枚必要でした。

まずは、シールを貼る前の状態をチェック。

Img_2144

号車表示も行先表示もなし…。ヤードに留置してある回送電車だってもう少し生気があるような気がします。

これにシールを貼ると…

Img_2145

見栄えが良くなった!

うん、私には見える!白い車体に白いシールなので非常に見辛いですが、行先表示に『特急踊り子号指定席伊豆急下田行き』の表示を貼り付けました。また、号車表示には1号車である『1』を貼っています。そしてさらに目立たないところですが、トイレの明かり窓の裏側にも白いシールを貼りました。これは、ルクスの切れ端の部分の空白地帯を適宜切りだ出して裏側から貼ったものです。簡単に透明感を無くすことができます。

アップで見ると鮮明です。

Img_2146

なお、号車表示の下にあるサボの部分ですが、最近の踊り子号では使われていないようです。

シールには『特急』や『指定席』といったサボが付属していますが、今回は実車の使用具合に合わせて貼り付けを見合わせています。

編成全体としてはこんな感じに仕上がります。

Img_2147

空白感がなくなる、と言うのでしょうか。

とりあえず、人前に出しても恥ずかしくない状態になりました。

最後に、室内灯を点灯させて出来をチェック。

Img_2149

行先表示もソコソコ隙間なく貼り付けられており、光漏れもないようなので一安心です。

よく見ると側部ドアのドアレールや靴ズリにシルバーが入っていないこともあり、今一つハイグレード感に乏しいこの車両。

塗装してあげたいのは山々ですが、何しろ時間が有りません。

以降の作業は、まとまった休みが取れて落ち着いて作業ができる日までお預けのようです。

| | | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年8月 »