« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月25日 (月)

トミックスDD51動力換装

動力換装、と言えば聞こえがイイですが、単に『調子悪いからモーター交換!』と言うことです。

Img_2620

 

 

 

 

 

 

 

北斗星系牽引用に2両在籍するトミックスのDD51JR北海道カラー。

1両は北斗星JR北海道仕様Ⅱに付属していた車両で、数年後に重連用としてもう一両購入しました。

最初に当初から在籍していたDD51の調子が悪くなりました。

走って止まってを繰り返した挙句ショート、といういつものパターン。

しまいには、完全に動かなくなってしまいました。

続いて2両目も数年後に同じ運命をたどりました。

修理に出そうかなあ、と思ってネットで色々調べると、出るわ出るわの同じ症状…。

この車両で使用されているM-9モーターがどうやら粗悪品らしいですね。

モーター丸ごと洗浄している人や、論文をメーカーに送り付けて戦っている人とか、世の中色々な人たちがいるものです。

電気的知識に疎い私ですが、これでも一応理科系大学卒です。

先に記した欠陥モーターである旨の論文はおそらく内容が正しいのだと思われます。

でも残念ながら、分解して清掃する技術もありません。

今できる最善の策は、分解清掃してダメならモーター交換以外には考えられませんでした。

そこでまず分解。

Img_2623

先日の485系もひどかったですが、今回も中華油がコッテリ・べっとりです。

ダイキャストの部分を通り越えて、サイドのラジエーター?の部分まで流出している状態でした。

本当にここまでグリス塗って出荷する意味ありますか?トミックスさん!

更に分解してみます。

Img_2625

シャフト~ウォームギアにかけては悲劇的なコッテリ状態。

これでよく走っていたなあ、と逆に感心してしまいましたよ。

モーターまわりを清掃して、通電テストを行ってみましたが、完全にご臨終でした。

Img_2627

M-9モーターは、つい先日に2個購入していました。

485系の分解清掃前にイヤな予感がしていたからです。

写真の上のモーターがご臨終のもので、下が新品のモーター。

見た目は変わらないのですけどね。

モーターを変えるついでに、ライトユニットも交換しました。

クリエイト工房の製品で、単に載せ替えるだけの簡単作業!

片側のLEDの数が2灯になっているので、明るくなるはずです。

Img_2628

2両の整備が終わったところで試運転。

Img_2629

多少のスピード差はありますが、重連運転は何とかこなしてくれそうです。

連結順序は固定としていますので、先頭に来る車両はライト交換車としています。

トミックスのDD51のライトは本当に暗いですが、写真のように明るくなりました。

機関車の後ろに続くのは特急つばめの13両編成の客車。

北斗星12両より1両多い編成を牽いて坂道を駆け上がりましたから、牽引力も確保されていることも確認できました。

ひとまずは、メデタシと言うことで。

 

今回の教訓。

トミックスのM-9モーターは、想像以上に評判が悪いみたいですね。

数年前にキハ182がダメになった時もM-9モーターで症状が全く一緒でした。

近年の製品に非常に多く使用されているようで、私も多く所有するキハ183系・キハ40系・485系などが該当します。

というより、大半がM-9モーター使用のようです。

ということは、さらに予備のモーターを用意していなければならないということなのでしょうね。

同じトミックスでも昔の製品のモーターは今でも平気で動いています。

見た目は良くなっていますが、性能は退化しているということなのでしょうか?

これなら、競合車種はカトーを購入したほうが安心できるということになってしまいますね。

コアレスモーターがこれからの標準になるみたいだけれど、品質を信用してしてよいものやら…、不安ですね。

 

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

トミックス485系が不調になりました

数年前に購入した485系RED EXPを室内灯取り付けのために久々に引っ張り出してきたのですが、

レイアウトを数周回っただけで動かなくなり、パワーパックに赤ランプが灯りました!

 Img_2612

 

 

 

 

 

 

 

こいつがその動力車。まあ、とりあえず分解清掃してみましょう。

Img_2615

分解前から予想はしていたのですが、粗悪な中華油がコッテリです。

この夏の暑さもあって、あちこちで溶けて流れ出してしまっていました。

更に分解してみましょう。

Img_2616

モーターとシャフトを取り出してみました。

シャフトの周りに白っぽく見えるのがグリス。

ここまで塗りたくる必要があるのだろうか?

カトーの動力を分解しても、こんなにグリスが付いていることはないと思うのですが、

何のために付けているのやらさっぱり不明です。

あまりにもはみ出し過ぎているグリスはすべて除去。

座面裏に付いた集電金具にもグリスべったりだったので、綺麗にふき取り接点改良剤を塗布しておきました。

これで組みなおせば走るはず…。

結果は良好で、新車の走りが蘇りました!グリスを除去しても異音も発生しませんし、ギクシャクした動きもありません。

過去の経験からも、トミックスとマイクロエースの車両は夏を過ぎると調子が悪くなる傾向がありました。

車両の保管場所にもよるのかも知れませんが、暑さでグリスが溶けだし、それが電気的に良くないのではないかと思います。

この辺、もう少しメーカーの方でも考えて欲しいものです。

この車両への室内灯の取り付けの話は、諸般の事情で別の機会にいたします。

時間が余ってしまったので、はこだてライナーに手を加えました。

Img_2618

連結器をTNに全車交換し、室内灯を取り付けました。

この写真では室内灯が点灯しているかわかりにくいですが点灯しています。

室内灯にはグランライトプレミアムの白色を採用しました。

点灯モードの切り替えがあり、明るさをH・Lの2段階で切り替えることができます。

実車の明るさを考えるとLモードが適しているようで、私もこちらの方が明るすぎないため好んで採用しています。

レンタルレイアウトなどで、室内灯の存在を強調したい場合にはHモードにすればよいので、その時の気分で使い分けが可能です。

組み込み手間は多少増えますが、純正品に比べ安価であること、室内の隅々まで照らせること、コンデンサー付きでちらつきが少ないこと、明暗切り替えが可能などの利点を考えると、私のもとでは今後この室内灯が主力になっていくのかなと感じています。

| | | コメント (2)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »