« 2020年9月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

トミックス キハ40-1700 タイフォン撤去車 入線しました 

10月末だったような気がしますが、キハ40-1700のタイフォン撤去車が届いており、試運転をしたのみで放置プレイ状態になっていました。

やっと、まとまった時間が取れるようになった2週間ほど前から少しずつ作業を進め、今更ですが整備完了ということになりました。

Img_0915

いきなり整備完了の状態から。

今回のキハ40は、メーカー付属のインレタにATS標記や所属標記が付属するようになりました。

比較的簡単に転写できるので、コレは大変ありがたい!というより、今まで付いてこなかった方が間違いだと思います。

Img_0922

後位側の正面です。

車番のインレタは付属していますが、残念ながらその下の形式やその他の標記については、付属せず…。

北海道の車両の特長とも言える部分は、相変わらずの省略で残念です。

とりあえず、手元にあった他社インレタを転写しています。

架線注意のステッカーも付けてみましたが、よく見えません。

Img_0916

白い車体なので、黒文字の標記類は目立ちます。

靴ズリやドアレールは、製品では塗装されていません。他社では塗装してあるのが当たり前なのですが…。

インレタがあったので転写しておきました。

乗務員室や自動ドアのインレタも手元にあったものを転写しています。一部かすれてしまったようですが、経年劣化みたいで良いのでは?

Img_0918

前位側も同様。

墨入れしたら、メリハリがついてもっとカッコよくなりそうな気がします。

一通りインレタの転写を行ったあとで、水性トップコートの半艶を吹いています。

 

Img_0913

室内灯も取り付けました。

今回は、手元にあったキハ40-1700と同時施工となります。

使用したのは、グランライトプレミアムのナチュラルホワイト。L側で使用します。

普段はカトー用を改造してトミックスにも取り付けるのですが、キハ40に関しては集電バネが目立たないためトミックス用を使用しました。

Img_0929

夜間点灯状態です。

右手前はトミックスの純正室内灯を使用したキハ40。

左奥がグランライトを使用した今回施工の車両です。

純正室内灯は、明らかに明るすぎです。程よい光具合のグランライトは実感的でよいと思います。

Img_0926

前がタイフォン撤去車、後ろは普通の1700番台車。

室内灯が点いているのかイマイチわかりませんが、室内の青いシートが見えるので点いていることが分かります。

頭にあった水タンクが撤去されていて、何となく物足りない感じですが、現代のJR北海道のローカル線の感じはこんな感じでしょう。

Img_0933

キハ40を並べてみました。他にもあるのですが、似た物同士ということで。

左は今回施工のタイフォン撤去車。

中央は、400番台車。

右はJR北海道の旧塗装車。

色々あり過ぎです…。

キハ183系と同じですが、キハ40系もハマると底なし沼状態です。

キハ40全車整備完了となる日は、まだまだ先のようです。

| | | コメント (0)

2020年11月28日 (土)

トミックス153系新快速(低運転台)が入線していました

前回から、更新が2か月も飛んでいる…。

9月中旬から11月初めまで現場作業がありまして、結構忙しかったのです。

鉄道模型をいじる時間はあったのですが、ブログにアップするまでの時間はなかなか取れませんでした。

そんな中、ある日突然届いたのが153系でした。

注文していたのは憶えていたのですが、発送メールすら気にしなかった私。

 

さて、製品です。

Img_0778 

今回購入したのは、低運転台車。

高運転台車のほうが一般的なんでしょうし、私は低運転台車の新快速の存在を知りませんでした。

低運転台車も味があって良いです。ブサカワ的な感じもしますが、私は気に入っております。

Img_0788

もうちょっと車両に寄ってみますとわかりますが、標記類がインレタで付属するようになりました。

先に発売済みの117系あたりからでしょうか?トミックスもようやっと細かな表記類の重要性に気付いてくれたのかも知れません。

悪い話ではないので、今後発売となる製品に対しても同様の展開を望みたいところです。

よく言われる塗装の悪さも、今回は問題ないようです。

正面と側面のつなぎが多々問題になりますからね、トミックスは。

室内灯は、グランライトプレミアムのナチュラルホワイトを取り付けています。

Img_0783

屋根のパンタまわりです。

あっさりとした出来ですが、実車もそんな感じなんでしょう。

ベンチレーターやクーラーは当然別パーツ。

パンタグラフのシューには、銅色を差しておきました。

 

走行性能も問題なしです。スローでもよく走ります。

M-13モーターの耐久性が見ものですが、まだそこまで走り込んでいません。

 

まだ他にも届いている車両があるのですが、今日はここまでです。

 

| | | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年12月 »