« カトー旧583系をアップグレードする(その6) | トップページ | カトー旧583系をアップグレードする(その8) »

2021年9月29日 (水)

カトー旧583系をアップグレードする(その7)

今回のお題は、『さらば銀屋根』です。

カトーの旧583系は新製当初の状態を忠実に再現したかったのか、屋根が銀一色です。

雨風にさらされて走っていれば汚れるのが当たり前でしょうから、これを模型の世界でも表現してみたいと思います。

ちなみに、今回私が汚れ具合の参考にした資料はこちら。

Img_1763

(雑誌『J train Vol.64』の583系特集より引用しました)

なかなか良い汚れっぷりです。何度かウェザリングを行ったことはありますが、今回はどこまでこの写真のイメージに近寄せることができるかなあ。

ウェザリングの方法は、これまでのやり方を踏襲しています。

屋根を分解して、タミヤのスミイレ塗料の黒を薄めに全体に塗ります。

Img_1700

屋根の部分は、塗料を薄めに塗るのがコツです。濃すぎると不自然になります。

ちょっと間をおいて、クーラーとベンチレーターの部分を綿棒で拭き上げます。

この時、事前に貼ってある紙シールがはがれないように注意が必要。私は、何カ所かはがれてしまいました。

次に、タミヤのウェザリングマスターでお化粧します。

Img_1703

過去の経験から、銀屋根に直接ウェザリングマスターを塗ると、乗りが非常に悪くて大変です。スミイレ塗料を先に塗っておくと、若干ですがガサガサとした仕上がりになるので、ウェザリングマスターの乗りが良くなります。

ウェザリングマスターの黒や茶色を塗り込んで上の写真のようになります。写真を見ながら、自分のイメージに近づけるように何度も修正をしていきます。

実際にレイアウトに乗せてどんな風に見えるかの確認も大事です。

Img_1707

試験的に2両で確認してみましたが、少々黒っぽい感じが強いようです。

そこで、ウェザリングマスターのグレーを上塗りして明るさを調整します。

Img_1737

最後に、艶消しクリアーを屋根全体に吹いて完了!クリアー吹き付けで、紙シールを保護する目的もあります。

また、屋根を触った時にウェザリングマスターが手に付くことを防止する意味もあるので、忘れないようにクリアー吹き付けをします。

ここまでやったところで、ウェザリング施工前の車両と見た目を比較してみます。

Img_1745

違いは一目瞭然です。

あくまでも個人の乾燥ですが、銀屋根と同じ車両とは思えないような落ち着きのある屋根の仕上がりになりました。

汚しの技術云々の以前に、艶消しクリアーがとてもよい仕事をしていると感じます。

Img_1743

前から見ても、オデコの自然な汚れ感がソコソコ表現できているかな、と。

屋根の下地の銀色の輝きがわずかに残っているので、グレーに塗装した屋根にウェザリングした場合とは少々仕上がりが違うのではないかと思います。

これで、貫通扉の周囲にスミ入れしたら、ソコソコいい感じの見た目になるのではないでしょうか?

10両を一気に仕上げる気力も時間もありませんので、続きは次回にさせていただきます。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ポチっとひと押ししていたでけますと、大変励みになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

| |

« カトー旧583系をアップグレードする(その6) | トップページ | カトー旧583系をアップグレードする(その8) »

583系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カトー旧583系をアップグレードする(その6) | トップページ | カトー旧583系をアップグレードする(その8) »