« トミックスのキハ56系200番台を整備しました | トップページ | カトーの103系の整備(その2) »

2022年6月18日 (土)

カトーの103系の整備(その1)

5月は、車両整備に専念してブログを休みました。

カトーの103系スカイブルーが入線しました。

久々の再販。買うか買わないか、どの色を買うのかなど色々悩んだ末、入線したのはスカイブルー10連。

子供の頃に川口の親戚の家に行くとよく見かけた車両を選びました。

Img_2147_20220618060501

この製品、初回販売は約40年前。パンタグラフや、前面の連結器まわりなどに微妙な変化はみられるものの、ほぼそのままの状態で販売が続けられる息の長い製品です。

手元にはすでにウグイス色の埼京線10連がありますので、埼玉県内を走る路線を制覇していきたいと思います。

残りは武蔵野線か・・・。

Img_2142

前面の形状、決して悪くない。細かな点では、最新の模型には勝てないのだろうけれど、40年前でこれなら文句はあるまい。

今見たって違和感ないし、値段を考えたら十分な出来だと思います。

でも残念ながら、ライトはいまだに豆電球のため異様に暗い。

コストは上がりますが、コレだけはLEDに換装して欲しかったです。

Img_2143

所属は『関スイ』!緩い時代のおおらかな製品です。

老眼が始まった私には、肉眼では何が書いてあるのか読めなくなりました。

そこに何かが書いてあればイイ!そんなノリです。

ヘッドライトのケースもデカくて非常に目立ちます。

 

こんな製品ですが、4/23にやってまいりました。

10両編成にカトーのブックケースを付けて、少々ポイント割引を加えて13,000円!

うなるほどの激安です。

トミックスなら倍以上の値段でしょ!私にはこちらで充分なのですよ。

 

今回は国鉄時代の京浜東北線の雰囲気を目指して車両整備を行います。

まずは、車両番号の修正から。

販売形態から、モハ1ユニットとサハ1両の合計3両は車番がダブってしまいます。

遠くから見れば、番号なんてどうでもイイ話なのですが、『関スイ』よりは目立ってしまうので、車番を変更することにしました。

さて、もとの番号をどうやって消す?

ネットで調べたら、消しゴムで消すのが一番簡単そう。

そんな話、聞いたことなかったので試しにやってみました。

Img_2156

しばらくこすると、見事に消えました。

ただし、ブルーのとそうがテカテカになってしまうという欠点があります。

Img_2160

別途購入したインレタを貼って、めでたく作業終了。

Img_2159

車番変更した3両については所属標記も変更してみました。

でも見えないですね、これ。無理してやることなかったかな、と思っています。

インレタには妻面の標記類も添付されていたので、こちらも貼ってみました。

Img_2158

狭い場所なので非常に貼り付けにくいのですが、根気よくやってみました。

配管が邪魔となるパンタ付きのモハは、どうしても歪んでしまいました。

編成にしたら目立たない部分なので、完成品では省略されてしまうことがほとんどのこの部分。

でもカーブを走る際に、チラッと見えると嬉しくなります。

Img_2161

妻面でさらに気になるのは貫通扉。ブルーのままですからね。

ここは、薄い緑色を手塗りしました。

10両揃うと壮観です。

ここまで作業した時点で、車体にはトップコートの半艶クリアーを吹いています。

インレタの保護が主な目的ですが、消しゴムでテカテカになった部分もこれでまわりと馴染ませることができました。

以後、その2に続きます・・・。

| |

« トミックスのキハ56系200番台を整備しました | トップページ | カトーの103系の整備(その2) »

103系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トミックスのキハ56系200番台を整備しました | トップページ | カトーの103系の整備(その2) »