キハ261系

2023年5月 2日 (火)

近況

今年はじめての投稿です。
約4か月、ブログの更新をお休みしたのですが、その間何もしなったわけではありません。
レイアウト自体をいじることはなく、ひたすらに既存車両の車内整備や室内灯の取り付けを行っていました。
地味だけど、とにかく時間がかかる作業の連続です。
手先に集中して作業をしていると、時間があっという間に経過。
結果としてブログを更新している時間がない、ということの繰り返しでした。
ある意味、充実した時間の過ごしかただったのかも知れません。

昨今のインフレのおかげで、新車増備になかなか手が出せません。
本当に高嶺の花になりましたね、鉄道模型は。
でも幸いなことに、欲しいと思っていた車両の大半は揃っているので、今無理に買う必要もありません。
そんな状態なので、ここ最近で入線していたのはデクモとキハ261だけ。
ずっと前から予約していた車両たちです。
今回は、この2車種について記録にとどめておこうと思います。

まずはデクモ。
言わずと知れた、JR北海道の最新型の普通列車用気動車。
気動車だけど、自分で発電してモーターで走るから、電車と気動車のハーフみたいな車両。
今後の気動車は、こういった形態が主流になるのかな。
Img_2763
トミックスから発売されたデクモは、2両セット販売。
実車は単行が多いはずなのですが、こういう売り方をしないとメーカーとして元が取れないのでしょう。
ブラックフェイスに明るく光るヘッドライトが目立ちます。

側面はこんな感じ。
金属みたいな質感を塗装でよく表現できています。
数年前から、トミックスの銀色塗装の質感はかなりよくなったと思っています。
デクモの印刷も綺麗です。
今どきの気動車は、台車がとてもあっさりしていて寂しいです。
モーターで走るのだから、台車は電車と一緒なのでしょうから仕方無いですね。
Img_2765

室内灯を入れようと思って、車体を分解してみました。
T車はM車と共通設計のような造りになっていて、その結果室内表現は大幅に削減されていました。
これでは、シートや床板を塗装する楽しみは無いですね。
M車は許せても、T車がこれではね。コストダウン目的なのでしょうが、この方式はあまり好きになれません。
オマケに、窓枠の下の部分にグレーの床板がはみ出ている始末。
大丈夫か?トミックス技術陣…。
Img_2768
とりあえず、グランライトプレミアムのナチュラルホワイトを取り付けて作業終了。
内装の見栄えの悪さについての対策は、後日考えます。

続いてキハ261ラベンダー。はまなすと色違いの車両です。
ブログをサボっている間に、キハ183系も引退してしまいました。
引退したはずのキハ283系がなぜか復活してはいますが、道内の気動車特急の大半がキハ261系になってしまったのですね。
車両管理の面では楽なのでしょうけど、技術的な進歩は止まったまま。
それでよいのか疑問です。
それにしても地味だなあ、この車両。
Img_2769
キハ261系自体、もともと非常にあっさりとした外観だから仕方ないですね。
模型の塗装はとても綺麗です。車番も印刷済みなので助かります。
Img_2773

せっかくなので、はまなす塗装の車両と並べてみました。
個人的には、登場時の青塗装が一番好きなのではまなすもラベンダーもイマイチに感じてしまいます。
Img_2784
後ろの方にデクモも並べていますが、近年の北海道の駅ってこういう並びが見られるのでしょうね。
私はいずれの車両もまだ実物とご対面したことがありません。
コロナも落ち着いて来たことだし、久々に行ってみたいなあ、北海道へ。

| | | コメント (0)

2017年10月25日 (水)

キハ261系1000番台(HET)が入線しました!

発売開始から少し間が開きましたが、数日前にトミックスのキハ261系HETが入線しました。

Img_9958

買うか、買わないか悩んだのですが、結局買ってしまいました。

今回は基本セット+単品3両の現時点での標準的な編成としました。

早速試運転を行ってみたのが上の写真です。同じ形式の白いヤツよりも、やはり私はこちらの方が好きですね。

見栄えがするような気がします。

Img_9960

駅でのキハ183との並びです。札幌~函館間ではこのような並びがまだ見られるのでしょうか?

それとも白顔に塗り替えられてしまって、もはや過去のものなのでしょうか…。
まだなにも弄っていませんが、動力やライト等は好調です。先頭部の青色はもう少し濃い方が好みですが、日に焼けて退色すればこんな感じなんだと思います。

今後は時期をみて、カプラー交換、室内灯の取り付け等のいつもの作業を行っていきたいと思います。
 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

キハ261系1000番台(白顔)が入線しました!

今年初の入線車両は中古のキハ80でしたが、新車としてはこのキハ261系1000番台(白顔)となります。

Img_8065
新塗装というのが正解なんでしょうが、私にとっては「白顔」です。

この塗装が、今後のJR北海道の特急標準色になるのかと思うと複雑な心境です。
白は雪の色なのでしょうか。
黄色は警戒色でしょう、おそらく英国のパクリですね。
紫はお決まりのラベンダー?
灰色は・・・、北海道ですから「白でも黒でもなくグレイ!」なのかな?
全国各地を走る特急列車はそれなりに意味を持った塗装をされているわけなんですけど、この配色は私的には????です。
 
実車の登場前から予想イラストを見た時点で予想できていたことなのですが、銀+白の配色はやはり地味すぎです。あくまでも個人の主観なので、この塗装が大好きという人も多分いるのでしょうね。

編成で撮ってみますと・・・
Img_8064
前面以外の白がほとんど見えないという、想像をはるかに超える「地味さ」を露呈。

正直、コレも予想通りでした。光線の具合では、白色は飛びます。
側面ドアまわりの白はほとんど存在感が感じられません。
やっぱりブルーの旧塗装の方が良かったなあ。
おそらく実車の写真も冴えない写真になってしまうのではないでしょうか?
Img_8067
前面のアップはこんな感じ。

実車の白顔を肉眼で見たことはないので実車との比較はできません。
でも模型としてはイイ感じでできているのではないかと思います。
ライト類も綺麗に光ります。
トミックスの特長であるヘッドマークは綺麗に印刷されていますが、印刷面が剥き出しになるため、ガラスの内側にヘッドマークがある実車とはちょっと違う印象になっているのが残念です。
走行性能は、文句なしです。今回は基本+増結+単品2両の8連での入線でしたが、当レイアウトの内周線の勾配でも安定した走りを得ることができました。
室内灯を付けてしまうとちょっときつくなってしまうかも知れません。

それにしてもやっぱり気になるのはこの塗装。
購入してはみたものの、やっぱりイマイチ感は拭えません。真っ白な顔って「バカ殿」みたいでやっぱり変な気がします。
吹雪の中で、こんな真っ白な顔の列車が走ってきたとしても視認性はどうなんでしょう?真ん中が英国の電車みたいに黄色いし、ヘッドライト付けて走ればソコソコ目立つのでしょうか?なんだか、最近のJR北海道のやることはよくわかりませんなあ。

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

キハ261系が入線しました!

買わないはずだったのに・・・。
私はやっぱりおバカさんです。
マイクロエースのキハ261-1000は持っているんです。
でも6両編成が組めないのです。それどころか現行の4両編成も確か組めなかったような気がします。そしてこの製品のなによりも気に食わないところが室内灯の穴が合わない点と動力ユニットがガバガバで車体からすぐ外れてしまうところ。高額な定価でこんな製品を売りつけられるのですから、たまったものではありません。
トミックスのキハ261はどうなんでしょう?と、疑問に思い始めて、ついに買ってしまいました。
Img_5072
限定品ではなく、通常品です。
某通販で33%引きでした。
なにより嬉しいのは、6連が組めることでしょうか。そして、見てのとおり、見た目は悪くないですし、走行も安定しておりました。が、増結セットの車体ナンバーがレタマークなのは嫌ですね。先頭の青塗装は、マイクロより薄目でかつカサカサした感じ。下品なテカりが特徴のマイクロ製品よりは良い感じですが、何か物足りない気もします。
Img_5073
先頭側面の印刷表記も問題なしです。ヘッドマークはこんなもんでしょう。トミックスのヘッドマークは平滑さとシャープな表現が特徴ですが、表面のガラス感がないので私はあまり好きになれません。実物はガラスの内側にヘッドマークが来るはずですから、カトー製品のように少し奥まっているのが正解でしょう。トミックスはいかにも看板を掲げているようなヘッドマーク表現ですね。まあ、これが好きと言う人もいるのでしょうから、個人の好みの問題なんですけどね。
この車体色で走行できるのも、もう時間の問題ですね。訳の分からない白基調の塗装に順次塗り替えられてしまいます。それも買ってしまうのだろうな・・・。私は救いようのないおバカさんだからね・・・。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)