キハ56系

2022年4月23日 (土)

トミックスのキハ56系200番台を整備しました

久々の投稿になります。

やっと、冬眠から目が覚めました。

1月に投稿したのが最後になっていましたが、その後体調を崩しました。

2月に腹痛で仕事を早退して病院に行ったら、胆石があることが発覚。

検査を重ねて、3月初めに手術で胆嚢を除去。1週間ほど入院生活。

仕事に復帰して数日で高熱で寝込みました。数日して蕁麻疹発症。1週間ほど自宅療養。死ぬかと思いました。

ちなみに、コロナではなかったです。

3月は、出勤した日数より寝込んでいた日数の方が多かったです。

体調もやっと元通りに近い状態になってきましたので、鉄道模型も徐々に復活です。

今回のネタはトミックスのキハ56系200番台で、4両セットにキハ27を1両追加した5両編成。

昨年10月に手元に届いていましたが、やっと整備することができました。

Img_2102

主な整備事項は以下のとおりです。

①室内の整備

②室内灯の取り付け

③自動ドア、乗務員室のインレタ貼り付け

病み上がりなので、あまり細かな作業は避けています。

まずは、室内の整備から。

室内灯を点灯すると、嫌でも室内の様子が丸見えになってしまいます。

近年の車両は、メーカーさんの努力により座席などの表現が大幅にグレードアップしていますが、色は床板と同色の単一色のままで極めて不自然です。今回の車両も普通車は青、グリーン車は茶色一色となっています。普段なら塗装主体で作業を進めるのですが、体調面を考慮して有機溶剤を極力吸わないことを目標にして、工法を変更しました。

床板については、自作のシールを貼り付けることにします。

ノギスで車内の寸法を正確に測定して、PCを使ってエクセルで床板を作図しました。

Img_2103 Img_2110

国鉄時代の雰囲気を目指してみましたが、古い車両なので、参考となる画像がとにかく少ない!写真を見つけても白黒だったりして、正確な配色が分かりませんでした。小樽に眠る保存車両の画像を主に参考にさせてもらいましたが、時代的に合致するのかわかりません。 

印刷は、自宅のインクジェットプリンターでシール紙に行っています。あとは、デザインナイフで切り出して貼り付けるだけです。

おっと、その前にアクオスのガルグレーで座席の枠の部分と小テーブルの部分を細かく塗装しておきます。結構面倒ですが、つまようじを使ってチョコチョコと進めます。認知症予防のつもりで根気よくやりましょう!

Img_2107_20220423062101

左の車両は塗装と床板シールの貼り付け完了。右の車両は塗装まで完了。いずれも普通車。

Img_2112_20220423062101

グリーン車の様子。緑の床、映えますが本当にこれでイイのだろうか・・・。

座席の色は、プラ地の色をそのまま活かしました。個人的には、座席の青色ってもっと濃かったような気がします。今回は、雰囲気重視を最優先として、細かいことは気にしないことにします。

続いて室内灯の取り付け。

今回は、グランライトプレミアムカトー用のナチュラルホワイトを全車に取り付けました。

Img_2116_20220423062101 Img_2115

トミックス用のバネ集電方式は、チラつきがやや多くなる気がしています。今回の車両は、妻面に窓がないのでカトー用でも問題なく取り付けることができました。通常ならば、グランライトを車体屋根部に直貼りしていますが、今回の車両は凹凸があり両面テープがはがれる可能性大だったので、付属のプラシートに貼り付けたものをがっちりと車体側に貼り付けています。多分、はがれて落ちることはないでしょう。

最後の仕上げで、インレタ類の貼り付けを行いました。

『乗務員室』と『自動ドア』を手持ちのものから貼ってみました。その他はすべて製品に付属のインレタです。

Img_2117

室内灯を付けた状態は上のようになり、室内がイイ感じに仕上がっています。床が青いままだと、どうしても青みがかった不自然な室内にしかならないのですが、木目調の床板シールを貼っているおかげで自然な状態に近づいていると思います。

自画自賛の究極の自己満足の世界ですが、今年もこんな調子で車両をいじって行きたいと思います。

 

| | | コメント (0)

2021年10月31日 (日)

トミックスのキハ56-200系が入線しました

ちょっと前に、トミックスのキハ56-200系が届いていましたので、入線整備を行いました。

Img_1846

平窓車を見慣れているので、パノラミックウインドーの印象は新鮮です。

今回購入したのは、4両セットのみ。

キハ56×2両、キハ27、キロ27のセットになっています。

200番台車は実物も少なかったはずなので、4両あれば十分かと思いました。

Img_1843

ユーザー取り付けパーツをとりあえず組み付けてレイアウトで試運転。

見た目はとてもよく感じます。

Img_1826

先頭車の表情も良いです。

これまでのキハ56と違って、ジャンパー線が付属するようになりました。

カプラーの関係で、先頭と終端に来る車両しか付けることはできませんが、あるとナシでは大違いです。

ピンバイスで孔を開けて、エナメル線などを曲げてジャンパー線としていた時代が、急速に過去になりつつなるようです。

ホースの部分を艶消し黒で塗ってあげたら、実感味が増すことでしょう。

ヘッドライトは薄黄色の電球色で、種別表示は白色で発光しています。

車体ナンバーは、いつも通りのインレタ付属。

Img_1825

側面で特筆するのは、ATSや所属標記がインレタで付属になったことです。

これまでのキハ56系シリーズには付属していませんでしたが、近年発売になったキハ40系のインレタと同じような仕様に進化したようです。

過去の製品もグレードアップできるように、インレタだけでも正規商品として販売して欲しいものです。

カトーさんならやりそうですけどね。

所属標記が付いたのは良いのですが、何番の車両がどこの所属なのか説明資料は一切なしで、ちょっと不親切。

よく見ると、所属標記は札幌と函館があるみたいでしたが、今回は全車札幌所属にしました。

車体番号との整合性は確認していません。

まあ、ハイグレード仕様を謳いつつも、このあたりの細かな表現は他社の標準仕様以下の仕様が当たり前のトミックスでしたから、これでようやく他社に追いついたのかなあと言ったところではないでしょうか。

それともう一つ微妙な進化ですが、中段のドアレールに銀色塗装がされるようになりました。コレも他社では当たり前ですから、今更の話です。

いずれにしても、本物らしさは増していますのでよろしいかと思います。

Img_1827

屋根上は、キロ以外には冷房取り付け準備工事仕様の通風孔がズラッと並んでいます。

チラッと見える床下機器は、一体成型以外のパーツを取り付けることで精密感を増しているようです。

この辺の表現は、なかなかハイグレードです。

 

さて、走行性能はどうでしょう?

実際に走らせてみたのですが、まあそれなりです。良くもなく悪くもなく、今までどおりかと。

メーカーでは最近、『M13モーター使用』と声高に宣伝していますが、M13ってそんなに良いでしょうか?

私は、正直言ってM13以前のモーターと差を感じません。ただ、長く使えば故障は少ないのかも知れませんけど。

今回購入したキハ56は、走行するとある速度域で少々異音がします。シャリシャリという感じで一定の音を奏でます。

ギクシャクするわけでもないので、気にしなければそれまでですけどね。

モーターが悪いのか、ギアが悪いのか判断はできませんが、ちょっとハズレを引いたかなと思っています。

ギア周りの『中華油コッテリ』はいつものとおり。来年の夏にはグリスが溶け出して、ウレタンケースが大変なことになりそうです。

 

ありそうでなかったキハ56-200系。正直言って、製品化してくれただけでもありがたいのが本音です。

とても良いプロポーションですが、お値段もとても良い・・・。

どこまで模型価格の高騰が進むのかわかりませんが、金額だけで考えればもう庶民の趣味ではなくなってきているような気がします。

まあ、なんでも値上げになる時代のようですから、以前のように買いやすい値段に戻るのはもう無理かも知れませんが、価格高騰が理由でファンが離れて行ってしまうようなことにだけはなって欲しくないものです。

| | | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

キハ56青帯にさらに室内灯を付けました

既存のキハ56青帯の2両に室内灯を取り付けました。
まあ、今回は分解してとりあえず付けただけです。
Img_0055
分解してすぐに気が付きましたが、Bセットと車内の成型色が違います。
 
解説によれば、この2両はアコモデーション更新車なんだとか。
シートの色が赤茶色のようなのですが、実車の写真にお目にかかったことがないのでどんな色なのか今一つ確証が持てません。

西武の車両で使用しているような赤茶色なのかな?
おいおい、古い文献を調べてみることとして、今回は室内塗装をとりあえず見送ります。
上の写真のように、このタイプの車両は運転席側の端子をうまく使っていつでも車体を分割可能な状態にすることができます。
Img_0056
キハ56青帯の4連です。手前の2両が今回施工分。

実際には無かった編成かも知れませんが、模型の世界ですから何でもありです。

M車を両端にしてT車を挟み込むような形に編成しています。

中間の2両は室内灯が暗く見えますね。

同じタイプの室内灯を付けているのですけどね・・・。

ちなみに、T車の室内灯のちらつきはかなりすごいです。

M車はパチッと灯っているのですが、どうしたことでしょうね。

車輪もレールも綺麗なんですけどね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

キハ56青帯セットBに室内灯を付けました

先日入線したキハ56青帯Bセット2両に室内灯を付けてみました。
その下ごしらえとして、室内の塗装を行いました。
Img_0016
先日の時点で、床板部分は塗装済みです。
今日は、座席の縁の部分とテーブルを薄いグレーで筆塗りしてみました。
青い部分がまだまだ多すぎるような感じがしますが、車体を被せるとさほど目立たなくなるはずです。
Img_0044
室内灯はいつものテープLEDを使用した自作品です。
左がT車で右がM車。
同じ室内灯を付けても不思議なほどの光量の差が生じてしまうのはなぜなんでしょうね?
M車は通電の際の抵抗が低いのでしょうか?
LEDテープは2両とも同じものを使用し、集電方法もまったく同じにしたのですけど、この差はどこから生じるのでしょう。
私個人的には、左の車両ぐらいの明るさが好みなんですねどね。
Img_0047_2
T車の車内を除いてみると、なんとなく昭和の良い感じの雰囲気が漂っているような感じがします。筆塗りで結構いい加減に塗装をしてもこの雰囲気ですから、まじめな方が気合を入れて塗装すれば、もっと良い物に仕上がるのでしょうね。私には無理ですけれど・・・。
さて、Bセットを仕上げたからには、もともあるAセットもどきの2両も何とかしないと吊り合いが取れなくなってしまいますね。実際に青帯4連で走ることはなかったのかも知れませんが、模型の世界では統一感の取れた4連を再現したいものです。
もうちょっと頑張ってみましょうか…。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

キハ56青帯セットBが入線しました

外は台風21号の影響で大雨。そんな中ブログを書いています。
しばらく前に手元に届いていた、トミックスのキハ56系青帯セットBに手を付けることができました。試運転だけしたものの、忙しくてそのまま放置状態になっていました。
Img_9968
セットBとなってはいるものの、以前発売されたものはセットAとはなっていません。後から、なんとなく追加発売しちゃった、というメーカー側の意図が感じられます。
上の写真の通りの2両編成で、JR化直後ののどかな北海道旭川地区のローカル列車としては雰囲気満点のようです。

Img_9972
造形には定評のあるキハ58系シリーズの一員ですから、当然のごとく良い顔立ちをしています。今回の車両には「臨時」の表示を選択しました。
アンテナの取り付けは穴あけなしで接着も可という説明書きがありました。細かいことを気にしないのであれば、それでも十分だと思います。

Img_9977
この車両には、いずれ室内灯を付けたいと思っています。
テープLEDの室内灯は結構明るく室内の様子が丸見えになってしまいます。多少手間はかかったとしても、室内も雰囲気重視でそれなりに塗装しておく方が無難です。
製品の車内は青一色のプラ成形。古い実車の写真を見ると、確かに座席のモケットはブルーですが、このプラ成形の色よりももっと濃いブルーのように思えます。が、そこは雰囲気重視ということで今回は目をつむりましょう。その代わり、当時の北海道の車両の特長である、木製床板だけは見逃すわけには行きません。普通に思いつくのは茶色なのでしょうけれど、今回は経年劣化がかなり進んだ状態にしたかったので、カーキ色を塗りました。これでもちょっと私のイメージとは違うのですが、青一色の床面よりはマシだろうということで妥協しています。
続いて、座席の縁やテーブルに白っぽい色を入れれば、それなりの雰囲気が出るはずです。だけど、使おうと思っていた塗料が便の中で固まっていました。台風で大雨の中買いに行く気にもなれず、今日はここまでとなりました。

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)