仮設レイアウトのため、土台にはスタイロホームを使用。ポイントコードやDCフィーダー位置に孔を開け背面に配線を回した。レールの固定は基本的に両面テープで行った。写真の状態は、試運転とポイント駆動状態の確認作業中の様子。