発泡スチロールを成型してみました。カッターナイフを使用します。静電気が発生してやりにくいですが根気よくやりましょう。このあとで、紙粘土を貼り付けます。後ろに写る車両と比べると、どの程度の規模の丘なのかおわかりいただけると思います。