紙粘土の前に畑の畝を貼り付けます。トミックスのレイアウトマットに付属のものと、DIY店で見つけたダンボールを併用しました。その後に紙粘土を貼り付けます。100円ショップの軽量紙粘土で十分です。発泡スチロールに木工ボンドを塗った上に紙粘土を薄く延ばして貼り付けます。乾燥する際に多少ひび割れが生じますが、都度補修してやります。(真っ白な紙粘土を使用したのですが、春先の溶けかかってがちがちになった雪原を表現するならばこれで十分かも知れません。)この部分が地面になりますので滑らかに自然な感じの形状に仕上げます。