プラットホームにはトミックスの対向式ホームとローカルホーム、島式ホーム(ミニ)を使用した。駅の規模はローカル線の特急停車駅といった程度のもの。最大7両まで停車可能である。283系が停まるホームが本線であり、駅本屋を併設することになる。手前2線は留置線である。駅構内にもサンドペーパーを多用しバラスト表現を行った。遠目で見る限り違和感は感じない。