485系1000番台(ウェザリング後)

トミックス・カトーの混合編成のウェザリング後の姿。手を入れた箇所は以下の通り。①屋根・パンタグラフの塗装とウェザリング。②下回りのウェザリング。③車体のカスレ部への色入れとウェザリング。④食堂車の回送運転台の赤帯塗装。⑤ヘッド・テールライトリムの金属パーツ取り付け。⑤JNRマークの交換。⑥貫通幌の取り付け。詳細はブログ記事を参照願います。屋根上ウェザリングの色合いは183系とは異なるニュアンスに仕上げています。こちらのほうがやや茶色が強くなるようにしています。20年ほど前の製品ですが、これならリニューアル車と比較しても古さがわからなくなって良かったです。(2010年7月14日記述)
更に、連結器カバーの取り付け、室内灯の取り付けとヘッドライト類をLEDに換装しました。これだけやれば、現行HG仕様といい勝負が出来そうです。(2010年9月22日追記)