115系1000番台

カトー製、6両在籍。この車両が私の手元に来たのは10数年前であり、私の手持ち車両ではかなり古い部類に入る。ベンチレーター、クーラーは屋根との一体成型。この近年までのカトーの特徴的な造り。走りはしっかり、と言いたいところだが、ロケットスタートはなんとかならないものか?同時期に購入した103系とは比べ物にならないほどの雑な走りである。貫通扉は車体と同じ緑色だったが、銀色に塗装。パンタも銀色に塗装した。編成はクモハを含む6両であり、おそらく現実には存在しない構成。これは、3両編成を楽しみたかったからの判断で、ローカル線を表現したいときには2M1Tの3両を抜き出して走らせている。 実車は、かつては上野に行くと必ず会えた車両だったが、すでに上野口からは撤退。各地のローカル線で色を変えて細々と暮らしている様子。全廃となる日もそう遠くはないはずなので、乗るならお早めに・・・。(2010年7月18日記述)
大変長いことかかりましたが、2011年末に11連可を達成することができました!すべて単品で集め、新旧入り乱れての組成となりますが、もとの設計が良いため並結しても違和感がないのはカトーさんさすが!ついでにM車も1両買い増ししたので、2編成に分割しての運転も可能になりました。実車は運用範囲を徐々に減らしていますが、私のもとではまだまだ元気です。(2012年7月10日追記)