西武新101系

カトー製、4両在籍。中学生の頃買ったはずの年代物。発売当初の製品なので、カプラーは現在の仕様とは異なる昔のものだったが交換している。イエローとトニーベージュのツートンカラーも今となっては本当に懐かしい。やはり101系といえばこのツートンカラーだろう。
この車両はスローが効かず、ロケットスタート気味。いつかモーターを載せ代えたいと思っている。正面の飾り帯や側面のドアの銀色がとても綺麗。古い製品だが現在の仕様と大きく見劣りする点は少ないと思う。
実車は、かつての西武の代表選手。池袋線といえばほぼこれといえる存在でした。今となっては、701系もどきの黄色一色になってしまい印象がややことなる車両になってしまいました。この車両の力強い走りは、近年のインバータ車ではちょっと味わえない感覚といえるでしょう。(2010年7月24日記述)
ロケットスタートは、トミックスの常点灯対応のコントローラーでは驚くほど低減されます。緑色のニューパワーユニットでは駄目ですけどね。(2011年1月12日追記)