キハ40-100番台

トミックス製、2両在籍。国鉄末期の時代を彷彿とさせる、タラコ色。この色を嫌う人も結構多いが、私はそうでもない。トミックスから発売されたこの車両は、形的には言うことがない出来。標記類は相変わらずのインレタ。細かなものは含まれない。HG仕様ならば、せめて、区名標記ぐらい入れてくれ、と思うのは私だけだろうか?走行性能はスローも効きますが、ポイントでつまづくことも。信号煙管ぐらいは取り付け済みにして欲しかった。ライト類はLED照明で非常に綺麗に光ます。
実車は最近まで白を基調とした北海道色ばかりでしたが、2010年春にタラコ色に戻された車両が出現しました。北海道色は、雪の中に溶け込む色で視認性が悪いとか・・・。貧乏臭いタラコ色も視認性では北海道色よりも上らしく、踏み切り事故防止の上からも今回の復活となったようです。(2010年7月31日記述)