ED79

トミックス製。1両在籍。
実車は青函トンネル開通時にED75から改造された機関車。北斗星等の列車は単機で、貨物は100番台車と重連で運用する。快速海峡が廃止になってしまったり、後継のEH500が五稜郭までスルー運転を行うことになったため、次第に活躍の場が狭くなってきている。
模型は、小さな車体に反してパワフル。多くの雑誌等で紹介される通り、フライホイールの効きは絶品で、逆に効き過ぎと思われる。自分が狙った所に停止させるには、少々慣れが必要だ。形状も問題なし。カプラーも柄が短いTNカプラーが付属しているので、従来の機関車より実感的になった。ただ、この機関車、交流機だけに実車はガイシが緑色なんじゃないだろうか?製品は銀色…。ケチをつけるとしたらこのぐらいしか見当たりません。良くできた車両です。2010年8月15日記述。