キハ40-700、キハ48-300(JR北海道色)

トミックス製。3両在籍。製品名称は「JRキハ40系ディーゼルカー(JR北海道色)セット」。
HG仕様なので、形状はほぼパーフェクト。塗装も綺麗です。タイフォンの塗り分けは気に入らないので、いつかラベンダー色の塗り分けに挑戦したいと思います。走行性能はこのシリーズは文句なしの出来だと思います。
インレタが車番しか付属していないため、レボリューションファクトリーや銀河モデルのインレタで完全武装してみました。正面の検査標記や側面のATS標記、靴ズリ等は結構目立ちます。また乗務員扉や自動ドアといった窓ガラスへの表記類も非常に効果的です。側面のサボシールも大変効果的なので、少しでも本物に近づけたい方は試す価値ありです。
インレタ転写後の仕上げはトップコート吹き付けなのですが、この時に注意が必要。ライトユニットを取り外す際に、テールライトのレンズが折れてしまうことがあります。私はこの編成で5カ所あるうちの2か所のレンズを破損してしましました。ライトユニットが非常に外しにくい製品なので、思い切ってライトユニットを外さず、運転席の窓ガラスはマスキングしてトップコートを吹くのも一つの手かも知れません。(私の場合、気付くのが遅すぎましたけど・・・)ほかのキハ40系シリーズにも応用が利くと思います。
ウェザリングしたら、さらに見栄えが向上するのでしょうけどとりあえずはこのままの綺麗な状態で楽しみたいと思います。
(2016年12月3日記す)