885系(白いソニック)

カトー製。6両在籍。2008年の秋に突然当鉄道に現れたJR九州を代表する振り子特急列車。模型では振り子がオーバー気味に再現されており、カーブが多いレイアウトでは揺れ過ぎで落ち着き無く見えてしまいます。S字曲線では悲劇的です。このあたりは好みが分かれるところでしょう。また、曲線走行時にカーブ外側から車両を見ると、ものすごく腰高に見えてしまいます。逆に内側から眺めるととても良い感じに見えます。走行性能は、フライホイール付きが当たり前となった昨今では一昔前の性能と言わざるを得ません。超スローや滑らかは、現在のレベルからするとやはり劣るように思います。見た目に関しては、満点を献上したいです。特徴ある造形を見事に再現してくれました。実車同様に『かもめ』との差異を細かく表現できています。目立つパンタグラフも強度を持たせた上でシャープに再現。全体的には『良く出来ました』と言ってよい製品だと思います。 実車はJR九州を代表する特急列車。ドーン研究所によるヨーロピアンなスタイリングで、人気はもちろん全国レベル!内装も高級感あふれるもので、1度は乗ってみたい魅力的な列車のひとつです。