785系

マイクロエース製。6両在籍。製品は、5両編成化される前の姿。なぜか殆ど使用されなかったライラックのシールのみ付属。ホワイトアローを再現したかった者としては大変迷惑な製品である。ちなみにM車がクハになっており6両編成にした場合、末端の先頭車がM車となる。ブルートレインじゃあるまいし・・・。急勾配のレイアウトでは不安定な推進運転になるので要注意の車両である。塗装は綺麗に仕上がっている。成型も良好であった。M車の走行性能は今ひとつ滑らかさに欠けるように思える。走行音が大きく、近年の同社製品より1ランク落ちるでしょう。2008年9月に全車にマイクロエースの白色室内灯を取り付けました。夜景に映えます。綺麗です!でも明る過ぎです。  (2009年10月31日追記)久々に走行させたら、走行性能ががた落ちです。ガーガーとうるさいのはギヤに何か異物が引っかかっているのでしょうか?と疑いたくなるほどです。マイクロ製品の動力は経年劣化が激しいと聞いたことがありますが、まさにそれかも知れません。ちなみに、最近すずらんタイプの785系が手元に届きました。こちらは今のところ静かに走行していますが、動力装置に特に改良が加えられていないらしいので先行きが不安です。