C57‐135号機

トミックス製。近年SL生産がストップしていた同社から出された入魂の逸品。貴婦人と呼ばれるのが決して恥ずかしくない製品です。モデルは北海道型であり、最後のSL旅客列車を牽引した機関車としても有名ですが、鉄道博物館に鎮座しているSLと言ったほうがピンとくる人も多いはず。模型は、切り詰めたデフや密閉形のキャブ、そしてキャブの中身の表現そして一番気になる足回りの重厚さや細いボイラーなど見事です。細かな車体標記類の表現はマイクロエース並に印刷されています。それにしてもこの細いボイラーの中によくモーターやフライホイールを押し込めたものです。走行性能も問題なく、急行型機関車として軽やかな走りをレイアウト上で披露してくれます。貴婦人ですから、あまり長編成は向かないでしょうけど。